So-net無料ブログ作成
検索選択

fsckの実施条件のカスタマイズ [Linux]

fsck について、実施条件のカスタマイズの必要があり、その仕様をまとめてみた。
詳細は、以下の通りである。

1. 自動実行

1-1. ブート時の fsck の自動実行


/etc/fstab の第 6 項目の値を 0 以外にする。

・通常は、root ファイルシステムには 1、それ以外には 2 を設定する。
・設定値が 0 の場合には、fsck は自動実行されない。

(補足)
ブート時に fsck の実行条件が判断される。
また、fsck の実行が必要と判断された場合には、fsck が実行される。


1-2. fsck が実行される条件


(1) マウント回数による指定


fsck の実行なしにマウントできる回数の最大値を指定する。

(a) 設定値の確認

# tune2fs -l <device-path> | grep -i mount
...
Mount count: 10
Maximum mount count: 30    … fsck の実行なしにマウントできる回数の最大値


(b) 設定値の変更

# tune2fs -c <count> <device-path>


指定できる値は、下記の通りである。
・正の整数: マウント回数の最大値
・0, -1: チェックを無効化する


(2) 時間間隔による指定


最後の fsck の実行からの経過時間を指定する。

(a) 設定値の確認

# tune2fs -l <device-path> | grep -i interval
Check interval: 15552000 (6 months)


(b) 設定値の変更

# tune2fs -i <interval> <device-path>


指定できる値は、下記の通りである。
・x[d]: x 日
・xw: x 週
・xm: x ヶ月
・0: チェックを無効化する


2. 手動実行


ブート時以外でのマウント時に、fsck の実行条件が判断される。
また、fsck の実行が必要と判断された場合には、その旨のメッセージが出力される。
(fsck が自動実行されることはない。)

(補足)
必要なら、アン・マウントし、fsck を実行した後に再度マウントする。


3. 備考


(1) fsck が実行される条件の初期値


ディストリビューション、およびそのバージョンによって異なる。



nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。