So-net無料ブログ作成
検索選択

ハードウェアクロックの確認方法 [Linux]

ハードウェアクロック(RTC) の値を確認する必要があり、その方法についてまとめてみた。

・ハードウェアクロック: BIOS 設定画面で表示される時刻
・システムクロック: date コマンドで表示される時刻
・通常は、ブート時にハードウェアクロックをシステムクロックにコピーする。
・通常は、シャットダウン時にシステムクロックをハードウェアクロックにコピーする。
・システムクロックのズレについては、NTP 等を使用して補正する。

詳細は、以下の通りである。

1. ハードウェアクロックの表示


(1) systemd が導入されているシステム

# timedatectl [status]
...
        RTC time: xxx
...
 RTC in local TZ: yyy
...


・xxx: 時刻 (タイムゾーンを含まない)
・yyy: タイムゾーン (yes: local TZ, no: UTC)


(2) すべてのシステム

# hwclock --debug
...
Hardware clock is on yyy
...
Time read from Hardware Clock: xxx
...


・xxx: 時刻 (タイムゾーンを含まない)
・yyy: タイムゾーン (local time, UTC)


2. ハードウェアクロックのタイムゾーンのみの確認


(1) systemd が導入されているシステム

# timedatectl [status] | grep TZ


(2) すべてのシステム


(a) hwclock コマンドを使用する場合

# hwclock --debug | grep "is on"


(b) /etc/adjtime を参照する場合

# tail -n 1 /etc/adjtime


・LOCAL: local TZ
・UTC: UTC



nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0