So-net無料ブログ作成

CentOS 6.x上のFirefoxが異常終了する件のその後 [CentOS]

[ソフトウェアのバージョン]
・Firefox 42.0 〜 Firefox ESR 45.2.0
 (mozilla.org からダウンロードしたものを使用。)

CentOS 6.x 上において、Firefox の異常終了が度々発生していた。
http://dan-project.blog.so-net.ne.jp/2016-04-25

また、どうにか動作が安定するようになったため、備忘録としてまとめてみた。
詳細は、以下の通りである。

1. 発生事象


CentOS 6.x 上において、Firefox が度々異常終了する。

(1) Firefox 上の Flash プレーヤーが度々クラッシュする。

(2) Firefox 上の HTML5 プレーヤーが度々クラッシュする。


特に、YouTube の動画再生でよく発生する。


(3) 上記以外でも、Firefox が度々異常終了する。

(補足)
Debian 7/8、CentOS 7 では発生しない。


2. 対象方法


下記のいずれかの手順を実施する。

(1) Firefox ESR 45.3.0 に更新する。


Firefox ESR 45.3.0 で改善されたようである。
(Firefox ESR 45.2.0 に比べ、明らかに動作が安定している。)


(2) Firefox ESR 38.8.0 を使用する。


少々バージョンは古いが、動作が安定している。
また、YouTube で Flash プレーヤーを使用するように設定することも可能である。

(補足)
・Firefox ESR 45.3.0 のリリース前は、このバージョンを主に使用していた。
・Firefox ESR 38.7.1 でも動作は安定していた。


(3) CentOS の RPM パッケージ (Firefox 45.0.2) を使用する。


短期間の使用であったが、動作は安定していた。

(補足)
マルチブートする Linux 間で Firefox を共有ため、最終的には採用しなかった。


3. 備考


(1) Firefox ESR のバージョン


Firefox ESR 45.3.0: Firefox 48.0 と同時にリリースされた Firefox ESR 版である。
Firefox ESR 38.8.0: Firefox 46.0 と同時にリリースされた Firefox ESR 版である。



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0