So-net無料ブログ作成

cronとanacronの連携 [Linux]

Linux のジョブスケジューリングは、cron と anacron の連携により行われている。
これまで、断片的に調べたことはあったが、連携という観点で調べたことはなかった。
以下は、連携という観点で調査した結果を備忘録としてまとめたものである。

1. 機能の特徴


(1) cron


・常駐プロセス(crond) が存在する。
・ジョブを実行する日時を正確に指定する。
・設定ファイルの同じエントリを 1 日に複数回実行できる。
・ユーザー毎に設定ファイルを作成できる。

(制限事項)
・(OS 停止中等により)実行できなかったジョブを再実行できない。
・同じ設定ファイルを複数のノードで使用した場合、問題が発生することがある。
 (ジョブの実行時刻に共有リソースが高負荷となることがある。)


(2) anacron


・常駐プロセスはなく、必要な時に anacron コマンドを実行する。
・ジョブの実施間隔(日数)、実行する時間帯を指定する。
 (厳密に日時を設定するものではない。)
・(OS 停止中等により)実行できなかったジョブを再実行できる。
 (実行時刻を厳密に指定しないため。)
・同じ設定ファイルを複数のノードで使用しても、問題が発生しない。
 (実行時刻をランダムに決定するため、共有リソースへの負荷の集中がない。)

(制限事項)
・ジョブを実行する日時を正確に指定することはできない。
・設定ファイルの同じエントリは、1 日 1 回しか実行できない。
・root しか設定ファイルを作成できない。


2. 設定ファイル


(1) cron


・/etc/crontab
・/etc/cron.d/*
・/var/spool/cron/*


(2) anacron


・/etc/anacrontab


3. cron と anacron の連携

3-1. CentOS 6/7 の場合


(1) anacron の起動


下記の順序で、cron から anacron が起動される。

(a) /etc/cron.d/0hourly

毎時 01 分に /etc/cron.hourly/* を実行する。


(b) /etc/cron.hourly/0anacron

'/usr/sbin/anacron -s' を実行する。


ただし、同じ日に anacron が既に実行されている場合には、実行しない。
(/var/spool/anacron/cron.daily に直近の実行日を保存している。)


(2) /etc/cron.{daily,weekly,monthly}/* の実行


(a) /etc/anacron


/usr/sbin/anacron により、このファイルが参照される。
また、設定されているジョブが実行される。

(例)
# These replace cron's entries
1          5  cron.daily    run-parts --report /etc/cron.daily
7         10  cron.weekly   run-parts --report /etc/cron.weekly
@monthly  15  cron.monthly  run-parts --report /etc/cron.monthly

3-2. Debian 7/8 の場合


anacron がインストールされている場合には、下記のようになる。
インストールされていない場合には、cron のみでの対応となる。
(/etc/cron.{daily,weekly,monthly}/* は、/etc/crontab から実行される。)

(1) anacron の起動


下記の順序で、cron から anacron が起動される。

(a) /etc/cron.d/0anacron

07:30 に '/etc/init.d/anacron start' を実行する。


(b) /etc/init.d/anacron

'/usr/sbin/anacron -s' を実行する。


(補足)
上記以外に、/etc/init.d/anacron は、ランレベル2〜5 で自動起動される。


(2) /etc/cron.{daily,weekly,monthly}/* の実行


(a) /etc/anacron


/usr/sbin/anacron により、このファイルが参照される。
また、設定されているジョブが実行される。

(例)
# These replace cron's entries
1          5  cron.daily    run-parts --report /etc/cron.daily
7         10  cron.weekly   run-parts --report /etc/cron.weekly
@monthly  15  cron.monthly  run-parts --report /etc/cron.monthly

4. 備考


(1) anacron でのジョブの実行時刻の決定方法


/etc/anacrontab の設定値を参照し、下記の手順により決定される。

(a) ジョブの実行が許可された時間帯かどうかの判断


START_HOURS_RANGE に指定された時間帯の場合のみ、処理を継続する。

(例)
START_HOURS_RANGE=3-22


(補足)
未指定の場合には、すべての時間帯で実行可能となると思われる。
(Debian 7/8 では未指定であるが、実行できているため。)


(b) 遅延時間(分単位)の算出


(b-1) エントリ共通の遅延時間の算出


指定されている最大値以下で遅延時間をランダムに算出する。
(最大値: RANDOM_DELAY に指定されている値)
未指定の場合には、0 とする。

(例)
RANDOM_DELAY=45


(b-2) エントリ毎の遅延時間の算出


指定されている遅延時間を取得する。
(各エントリの第 2 項目で指定されている。)


(b-3) エントリ共通/エントリ毎の遅延時間の和を求める。


(c) ジョブの実行時刻の算出


現在時刻に遅延時間を加算した時刻をジョブの実行時刻とする。



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。