So-net無料ブログ作成
検索選択

Firefox ESR 45.4.0でのUnicodeの外国語の文字化け [CentOS]

1. 発生事象


Centos 6 上の Firefox ESR 45.4.0 において、下記の URL を表示すると Unicode で外国語が文字化けする。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB

(補足)
・Firefox ESR 38.8.0 では発生しない。
・Firefox ESR 45.3.0 でも発生する。


2. 対処方法


Fedora の下記のパッケージを追加する。

・unifont-fonts-7.0.06-1.fc22.noarch.rpm

(補足)
・もう少し新しいバージョンの unifont-font パッケージでもインストール可能である。
・Firefox において、使用するフォントに関する仕様が変更されたものと思われる。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。