So-net無料ブログ作成
検索選択

CentOS 7のMD+LVM化で/が認識されない [CentOS]

CentOS 7.3 において、標準パーティション環境から MD+LVM 環境への移行を行った。
実施した手順は、下記の通りである。

・mdadm での MD デバイスの作成
・MD デバイス上での LVM の作成(ただし、/boot 用のデバイスを除く)
・PV/VG/LV/FS の作成(ただし、/boot 用デバイスでは FS のみ作成)
・当該ファイルのコピー
・/etc/mdadm.conf の更新、initrd ファイルの更新

その際、ブート時に / (root) パーティションが認識されない状況になってしまった。
以下は、備忘録として発生事象と対処方法をまとめたものである。

1. 発生事象


MD+LVM 環境で、ブート時に / 用の LV が認識されない。

[出力されるメッセージ]
dracut-initqueue[pid]: Warning: dracut-initqueue timeout \
- starting timeout scripts

(補足)
・MD なしの LVM 環境では、問題は発生しない。
・下記の状態から進まない。
 Started dracut pre-mount hook.
 A start job is running for .service


2. 対処方法


下記のカーネル・オプション(kernel 行に設定するオプション)を追加する。

・rd.auto rd.auto=1


3. 参考資料


(1) dracut のマニュアル - DRACUT.CMDLINE(7)


rd.auto rd.auto=1
 enable autoassembly of special devices like cryptoLUKS, dmraid,
 mdraid or lvm. Default is off as of dracut version >= 024.

 cf. http://man7.org/linux/man-pages/man7/dracut.cmdline.7.html



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0