So-net無料ブログ作成

evalでのコマンド実行時のPIPESTATUSの参照(bash) [Linux]

1. eval でのコマンド実行時の PIPESTATUS の参照(bash)


bash では、PIPESTATUS を参照することにより、パイプラインの途中のコマンドの終了ステータスを取得できる。

% bash -c 'true|false|(exit 2); echo ${PIPESTATUS[@]}'
0 1 2


ほとんどの場合、@ を * に置き換えても同様の結果が得られる($@ と $* の違いと同様)。
しかし、eval でのコマンド実行時には、上記の方法では PIPESTATUS を参照できない。

cmd="command1 | command2 | command3"
eval $cmd
echo ${PIPESTATUS[@]}


このような場合には、下記のようにすることで参照可能である。

cmd="command1 | command2 | command3"
eval "$cmd; STATUS=(\${PIPESTATUS[@]})"
echo ${STATUS[@]}

2. サンプルコードと実行例
% expand -4 demo.sh
#!/bin/bash

exec_cmd() {
    local cmd="$1" test=${2:-0}
    local status=0

    if [ $test = 1 ]; then
        echo $cmd
    else
        eval "$cmd; STATUS=(\${PIPESTATUS[@]})"

        echo "value of \${#STATUS[@]}: ${#STATUS[@]}"
        echo "value of \${STATUS[@]}: ${STATUS[@]}"
        status=${STATUS[0]}
    fi
    echo "status of 1st command: $status"

    return $status
}

log=`basename $0 .sh`.log
exec_cmd "$1 2>&1 | tee $log"

exit $?
% ./demo.sh echo\ aaa
aaa
value of ${#STATUS[@]}: 2
value of ${STATUS[@]}: 0 0
status of 1st command: 0
% echo $?
0
% ./demo.sh aaa
./demo.sh: line 10: aaa: command not found
value of ${#STATUS[@]}: 2
value of ${STATUS[@]}: 127 0
status of 1st command: 127
% echo $?
127

3. 参考情報


cf. https://stackoverflow.com/questions/21878286/how-to-access-the-bash-pipestatus-array-of-an-evald-command



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。