So-net無料ブログ作成

Debian 9.0へのアップグレード後の不具合対応 [Debian]

Debian 9.0 へのアップグレード後に発生した不具合の残件対応を行った。
詳細は、以下の通りである。

・発生した不具合の一覧
 cf. http://dan-project.blog.so-net.ne.jp/2017-06-25

1. 発生事象


X アプリでノード名を付けて指定したディスプレイを開けない。

(例)
% xterm -display localhost:0
xterm: Xt error: Can't open display: localhost:0


・パッケージのバージョン
 xserver-xorg 1:7.7+19
 xserver-xorg-core 2:1.19.2-1
 xinit 1.3.4-3+b1


2. 対処方法


/usr/bin/Xorg を変更し、起動時のオプションに '--listen tcp' を追加する。

# cd /usr/bin
# diff Xorg Xorg.org
8c8
<       exec "$basedir"/Xorg.wrap -listen tcp "$@"
---
>       exec "$basedir"/Xorg.wrap "$@"
10c10
<       exec "$basedir"/Xorg -listen tcp "$@"
---
>       exec "$basedir"/Xorg "$@"

3. 備考


(1) /usr/bin/Xorg の変更により、6000 番ポートが Listen 状態になる。

% netstat -an | grep 6000
tcp        0      0 0.0.0.0:6000            0.0.0.0:*           LISTEN
tcp6       0      0 :::6000                 :::*                LISTEN


(2) /etc/X11/xinit/xserverrc の変更では効果がない。

# cd /etc/X11/xinit
# diff xserverrc xserverrc.org
3c3
< exec /usr/bin/X "$@"
---
> exec /usr/bin/X -nolisten tcp "$@"


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。