So-net無料ブログ作成

CentOS 7.1へのuim-anthyの導入 [CentOS]

CentOS 7.1 で GNOME(classic mode) と fvwm を併用しているが、fvwm 上での IBus が使いづらいため、uim-anthy の導入を行った。
実施手順は、以下の通りである。

1. 依存パッケージのインストール


(1) eb

# rpm -ivh eb-4.4.3-1.fc20.x86_64.rpm


(2) im-chooser

# yum install im-chooser.x86_64 im-chooser-common.x86_64

2. uim-anthy のインストール


(1) 必要なパッケージのダウンロード


・libgcroots-0.2.3-6.fc20.x86_64.rpm
・uim-1.8.6-3.fc20.x86_64.rpm
・uim-anthy-1.8.6-3.fc20.x86_64.rpm
・uim-gtk2-1.8.6-3.fc20.x86_64.rpm
・uim-gtk3-1.8.6-3.fc20.x86_64.rpm


(2) パッケージのインストール

# rpm -ivh *.rpm

3. 備考


(1) 導入後の不具合


Firefox において、メニューバーからプルダウン・メニューを表示できないことがある。

・発生頻度は、非常に低い。
・scim-anthy でも同様の状況が発生する。
 cf. http://dan-project.blog.so-net.ne.jp/2015-10-04


[追記]


Debian 8のDNSの逆引きが遅いことへの対応 [Debian]

久しぶりに Debian 8 (Debian 7 からアップグレード) を使用していて、DNS の逆引きが遅くなっていることに気付いたので、元の状態になるように対応を行った。
詳細は、以下の通りである。

1. 発生事象


DNS の逆引きが遅い。

例えば、下記コマンドの実行において、結果が得られるまでの時間が長い。
また、-n オプションを追加すると、通常のレスポンスになる。

・iptables -L
・netstat -r


2. 原因


mDNS (Multicast DNS) のパケットが送信されるためである。

・systemd への移行ににより、停止していた当該サービスが自動起動されていた。


3. 対処方法


下記のいずれかの手順を実施する。

(1) mDNS のアンインストール

# dpkg --purge libnss-mdns


(2) /etc/nsswitch.conf の編集

# diff nsswitch.conf nsswitch.conf.org
11c11
< hosts:          files mdns4_minimal [NOTFOUND=return] dns
---
> hosts:          files mdns4_minimal [NOTFOUND=return] dns mdns4


(3) avahi-daemon の無効化

# systemctl stop avahi-daemon.socket
# systemctl disable avahi-daemon.socket

# systemctl stop avahi-daemon
# systemctl disable avahi-daemon


CentOS 7.1でのibus-kkcからscim-anthyへの変更 [CentOS]

CentOS 7.1 で GNOME(classic mode) と fvwm を併用しているが、fvwm 上での IBus が使いづらい(日本語入力モードかどうかを表示できない)。
このため、ibus-kkc/ibus-anthy から scim-anthy への変更を行った。
実施手順は、以下の通りである。

1. IBus の停止
# killall ibus-daemon

2. IBus および kkc 関連のパッケージのアンインストール
# yum remove ibus
# yum remove libkkc*

3. scim-anthy の依存パッケージのインストール
# yum install im-chooser.x86_64 im-chooser-common.x86_64
# yum --enablerepo=epel install kasumi.x86_64

4. scim-anthy 関連のパッケージのインストール


(1) パッケージのダウンロード


下記のファイル(Fedora 18 のパッケージ)をダウンロードする。

・scim-1.4.14-3.fc18.x86_64.rpm
・scim-anthy-1.2.7-8.fc18.x86_64.rpm
・scim-bridge-0.4.16-11.fc18.x86_64.rpm
・scim-bridge-gtk-0.4.16-11.fc18.x86_64.rpm
・scim-libs-1.4.14-3.fc18.x86_64.rpm


(2) パッケージのインストール

# rpm -ivh *.rpm

5. SCIM の設定

5-1. SCIM の起動


デフォルト設定で SCIM が起動されない場合には、下記のいずれかの手順を実施する。

(1) ~/.xinitrc または ~/.Xclients への設定の追加

# start Input Method
imsettings-switch -n -q -x


(2) ~/.xinputrc の作成

ps cx | grep -w scim >/dev/null 2>&1
if [ $? != 0 ]; then
    export XMODIFIERS="@im=SCIM"
    export GTK_IM_MODULE=scim
    export QT_IM_MODULE=scim
    /usr/bin/scim -d
fi


設定の変更後に、X Window System を再起動する。


5-2. SCIM 入力メソッドの設定


(1) 設定ウィンドウの表示


・Ctrl + Space を押下し、SCIM ツールバーを表示する。
・SCIM ツールバーのアイコンを右クリックし、[SCIM を設定] を選択する。


(2) ホットキーの追加


[フロントエンド] -> [全体設定] を選択し、ホットキーを追加する。

・[半角/全角]、Alt + [半角/全角]


(3) その他の設定


必要に応じて、設定を変更する。


(4) 設定の終了


[適用]、[OK] の順に選択する。


6. Firefox の設定


Firefox だけで日本語入力ができない場合には、下記の設定を試してみる。

export GTK_IM_MODULE=xim

[追記]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。