So-net無料ブログ作成

Firefox ESR 45.4.0でのUnicodeの外国語の文字化け [CentOS]

1. 発生事象


Centos 6 上の Firefox ESR 45.4.0 において、下記の URL を表示すると Unicode で外国語が文字化けする。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB

(補足)
・Firefox ESR 38.8.0 では発生しない。
・Firefox ESR 45.3.0 でも発生する。


2. 対処方法


Fedora の下記のパッケージを追加する。

・unifont-fonts-7.0.06-1.fc22.noarch.rpm

(補足)
・もう少し新しいバージョンの unifont-font パッケージでもインストール可能である。
・Firefox において、使用するフォントに関する仕様が変更されたものと思われる。



Gmailのフィルタ条件でのカテゴリの指定 [misc]

Gmail で受信した特定のメールについて、コピー転送を行っている(フィルタ機能を使用)。
今回、プロモーション・タブに振り分けられたメールを転送の対象外とする設定を追加した。
その際、設定の追加に少々手間取ったため、備忘録としてまとめた。

1. 実現方法


カテゴリがプロモーションのメールがプロモーション・タブに振り分けられる。
よって、コピー転送の対象とするメールの検索条件に、カテゴリに関する項目を追加する。


2. 発生事象


フィルタ条件に下記の設定を追加しても、想定した動作とはならない。

-{category:プロモーション}


(補足)
・検索条件の [含まない] の入力欄で、当該カテゴリを指定したものである。
・{} は {} 内の複数の条件を OR でつなげるという意味である。
・上記の場合 {} は不要であるが、提供されている機能を使用すると {} が付加される。


3. 対処方法


フィルタ条件に下記の設定を追加する。

-{category:promotions}


(補足)
デフォルト設定で存在するカテゴリは、英語表記で指定する。
・新着: category:updates
・プロモーション: category:promotions
・ソーシャル: category:social
・フォーラム: category:forums


4. 備考


category: 演算子は、label: 演算子で代用できるとのこと。
よって、今回の場合、下記の設定でも同様の結果が得られると思われる。

-{label:promotions}