So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ

Debian 9の'systemctl list-unit-files'の色表示がおかしい [Debian]

[ソフトウェアのバージョン]
systemd 232-25

1. 発生事象


'systemctl list-unit-files' の色表示がおかしい。

・状態の表示部分のみでなく、行全体が色付けされる。
・最終行で使用された色が画面の前景色となってしまう。

(補足)
Debian 8 (systemd 215-17+deb8u7) では発生しない。


2. 対処方法


(1) 上記事象の発生時に対応する場合


reset コマンドを実行する。


(2) 上記事象を発生させたくない場合


下記の内容で /usr/local/bin/systemctl を作成し、このスクリプトを使用する。
または、出力行数に関係なくページャーを使用(ページャーにパイプ連携)する。

#!/bin/bash
#
# patch for 'systemctl list-unit-files' (on Debian 9)
# - turn off colors
# - disable underline
#
# target version: systemd 232-25
#

/bin/systemctl "$@" | cat
exit "${PIPESTATUS[0]}"


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

GNOME-3からMATEへの移行 [CentOS]

CentOS 7.3 において GNOME-3(classic mode) を使用してきたが、使いづらいため MATE への移行を行った。
以下は、必要最小限のパッケージのみをインストールする方針で実施した手順である。
(正常に動作はするが、ワーニング・メッセージが出力される場合がある。)

# ソフトウェアのバージョン
・GNOME 3.14
・MATE 1.16

1. GNOME のアン・インストール
# yum remove gnome-*  ... (注1)

# rpm -qa | grep gnome
# rpm -e <GNOME 関連のパッケージ>  ... (注2)


(注1)
依存関係により、必要なパッケージがアン・インストールされることがある。
今回は、下記のパッケージがアン・インストールされたため、後で再インストールする。
・fvwm
・xlockmore
・virt-manager (KVM がインストールされている場合)

(注2)
wireshark-gnome はアン・インストールしない。


2. アン・インストールされたパッケージの再インストール

3. mate-desktop のインストール
# yum --enablerepo=epel install mate-desktop.x86_64

4. MATE 用の追加パッケージのインストール
# yum --enablerepo=epel install mate-settings-daemon.x86_64
# yum --enablerepo=epel install mate-applets.x86_64  ... (注1)
# yum --enablerepo=epel install mate-media.x86_64  ... (注2)
# yum --enablerepo=epel install mozo.noarch
# yum --enablerepo=epel install mate-icon-theme.noarch
# yum --enablerepo=epel install mate-themes.noarch


(注1) パネルにごみ箱を表示するため。
(注2) パネルに音量調整ツールを表示するため。


5. セッションの開始コマンドの変更


~/.xinitrc、~/.Xclients 等を編集する。

(変更前)
export GNOME_SHELL_SESSION_MODE=classic
exec gnome-session --session=gnome-classic

(変更後)
exec mate-session

[追記]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ