So-net無料ブログ作成

AVG AntiVirus Free (on Windows)のバージョンアップ [Windows]

Windows 7 において、これまで AVG AntiVirus Free 2014 を使用してきた。
(ウイルス情報は、随時更新。)
特に問題はなかったが、以下の事象の発生によりバージョンアップすることになってしまった。
(非常に残念である。)

1. AVG AntiVirus Free 2017 への自動更新


[2017-08-10]
ウイルス情報の更新時に、AVG AntiVirus Free が自動更新された。
・バージョンは未確認である。
・AVG Zen が同時にインストールされる。

[2017-08-13]
最終的には、AVG AntiVirus Free 2017 (17.5.3022) に自動更新された。


2. AVG AntiVirus Free 2014 の再インストール


AVG AntiVirus Free 2014 の再インストールを試みたが、できなかった。

[2017-08-15]
AVG AntiVirus Free 2014 の再インストール
・サポートを終了したソフトと認識され、インストールできない。
・代わりに、AVG AntiVirus Free 2017 がネット経由でインストールされる。


3. AVG AntiVirus Free 2016 のインストール


AVG AntiVirus Free 2017 が使いづらいため、バージョンダウンを行った。

[2017-08-17]
AVG AntiVirus Free 2016 そのものには大きな問題はない。
ただし、最終的には、AVG AntiVirus Free 2017 に自動更新されてしまう。


4. AVG AntiVirus Free 2015 のインストール


下記の理由から実施していない。

・いずれ AVG AntiVirus Free 2017 に自動更新されると思われる。


5. AVG AntiVirus Free 2017 の使用感


下記の機能が削除(または他機能へリプレース)されたため、現時点では使いづらい。

・[高度な設定] ... 詳細項目の設定
・[レポート]、[履歴] ... 実行履歴(開始終了時刻/実行結果)の表示



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

KP41エラーへの対応 [Windows]

Windows 7 SP1 において、突然、再起動が発生する状況となってしまった。
以下は、その原因と対処方法をまとめたものである。

1. 発生事象


不定期に、OS の再起動が発生する。
・ディスクのエラーチェックを行っても、問題は検出されない。
・Windows メモリ診断を実施しても、エラーは検出されない。


2. 原因


KP41 エラー (Kernel-Power のイベント ID = 41 のエラー) が発生していた。
また、システムエラーの発生時に OS を再起動する設定となっていた。


3. 対処方法


(1) 電源管理の設定変更


・[コントロールパネル] -> [電源オプション] を選択する。
・[高パフォーマンス] を選択する。
 (変更前は [バランス(推奨)] が選択されていた。)


4. 備考


(1) KP41 エラーの発生の確認


・イベント・ログの [Windows ログ] -> [システム] を選択する。
・Kernel-Power のエラー(イベント ID = 41) の有無を確認する。


(2) 追加の設定変更


この機会に、下記の設定変更を行う。

(a) システムエラー時に再起動しない。


・[コントロールパネル] -> [システム] -> [システムの詳細設定] を選択する。
・[システムエラー] で [自動的に再起動する] を選択しない。



IE更新プログラム(MS14-021)のインストール [Windows]

Windows 7 において、IE 更新プログラム(MS14-021) のインストールを行った。
IE は滅多に使用しないが、念の為の実施である。

また、Windows Update を無効化しているため、手動での実施である。
下記は、IE8 を対象とする場合の実施手順である。

1. 更新プログラムのダウンロード (ここからダウンロード可能)


(1) 更新プログラム(MS14-021)


Windows6.1-KB2964358-x86.msu


(2) 直近の累積的な更新プログラム(MS14-018)


Windows6.1-KB2936068-x86.msu


2. 更新プログラムの実行


下記の順序で、実行する。
・Windows6.1-KB2936068-x86.msu
・Windows6.1-KB2964358-x86.msu


3. 備考


MS14-021 は特定の脆弱性への対応であり、累積的な更新プログラムではない。
更新プログラムの互換性による問題を発生させないために、直近の累積的な更新プログラムをインストールする。



バックアップ環境の整備(Windows 7) [Windows]

Windows 7 の導入から約 1 カ月が経過し、その特性が分かってきた。これを機に、Windows XP からの移行に備え、Windows 7 用のバックアップ環境の整備を行った。
基本的には、Windows XP で使用していた運用方針を Windows 7 に適用したものである。

なお、Linux と Windows をマルチブートする環境を対象としているが、KNOPPIX 等で Linux を CD/DVD ブートする場合には、この限りではない。

1. フルバックアップ


(1) 方針


・Linux 上で partimage を実行し、パーティション単位でバックアップする。
・週次で実施する。


(2) 必要な設定


・Linux へ partimage(Partition Image) をインストールする。
・バックアップ・データを保存するためのディスク領域を確保する。


2. フルバックアップ以外のバックアップ


(1) 方針


Windows 7 上で、適当な時期に手動で復元ポイントを作成する。


(2) 必要な設定


(a) システムの保護機能を有効化する。


復元ポイント用ディスク領域の確保のため、システムの保護を有効化する。

・[スタート] -> [コンピュータ] の右クリック -> [プロパティ]
・[システムの保護] を選択
・ドライブを選択し、[構成] を選択


(b) Windows\SystemRestore\SR タスクを無効化する。


余分なバックアップを無効化するため、SR タスクを無効化する。

・タスク・スケジューラで当該タスクを無効化する。


3. リストア


(1) フルバックアップのリストアの場合


・Linux の gparted でパーティションをフォーマットする。
・partimage で作成したデータを当該パーティションにリストアする。


(2) 復元ポイントのリストアの場合


当該復元ポイントを使用したシステムの復元を実施する。

・[スタート] -> [アクセサリ] -> [システム ツール] -> [システムの復元]



タスクスケジューラの起動時のエラー(Windows 7) [Windows]

1. 発生事象


Windows 7 のタスクスケジューラの起動時に、下記のエラーが発生する。

# 日本語版でのエラー・メッセージ
選択されたタスク "{0}" が存在しません。
現在のタスクを表示するには、[最新の情報に更新] をクリックしてください。

# 英語版でのエラー・メッセージ
The selected task "{0}" no longer exists.
To see the current tasks, click refresh.

(補足)
・[最新の情報に更新] でも同様のメッセージが表示される。
・タスクスケジューラは機能している(正常なタスクは実行されている。)
・同様の事象が発生するとの情報は多数あるが、決定的な解決策は不明のようである。


2. 対処方法


インターネット上で得られた情報をつなぎ合わせ、下記の対応を行った。

(1) 問題のあるタスクの特定


・タスクスケジューラを起動する。
・起動時のエラーメッセージは無視する。
・左側の一覧からタスクを順次選択し、上記のエラーが発生するタスクを特定する。

=> SystemRestore\SR が該当した。


(2) SystemRestore\SR タスクの削除


(a) システムの保護を無効化する。


・[コンピュータ] の右クリップ -> [プロパティ] -> [システムの保護]
・すべてのドライブについて、システムの保護を無効化する。


(b) ファイルの削除


下記ファイルを削除、または別のフォルダに移動する。

C:\Windows\System32\Tasks\Microsoft\Windows\SystemRestore\SR


(c) レジストリの編集


HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\Current Version\
Scheduler\TaskCache\ 内の下記データを削除する。

・Tasks\{xxx}

 xxx: SystemRestore\SR が設定されているもの。
 (または、Tree\Microsoft\Windows\SystemRestore\SR の設定値から特定。)

・Tree\Microsoft\Windows\SystemRestore\SR


(3) システムの再起動

(4) SystemRestore\SR タスクの作成


システムの保護を有効化する。

・[コンピュータ] の右クリップ -> [プロパティ] -> [システムの保護]
・システムの保護を有効化する。
 (SystemRestore\SR タスクが作成される。)


[追記]


Sakura Editorのインストール [Windows]

Windows 上のエディタでは TeraPad を愛用しているが、サクラエディタ(Sakura Editor) を使用する環境をよく見かけるため、自宅の環境へインストールしてみた。
また、サクラエディタにはパッケージ版(インストーラを含む)と単体配布版(インストーラなし)があるが、今回は単体配布版を使用した。
詳細は、以下の通りである(Sakura Editor v2.0.7.1 の場合)。

1. 本体のインストールの手順


(1) ファイルのダウンロード


下記の URL から sakura2-0-7-1.zip をダウンロードする。

・http://sourceforge.jp/projects/sfnet_sakura-editor/


(2) インストール


(a) アーカイブを解凍する。

  sakura.exe と QuickStartV2.zip が得られる。

(b) QuickStartV2.zip を解凍する。

  下記のファイルが得られる。

  ・QuickStartV2.txt
  ・sakura.exe.ini
  ・sakura.exe.manifest
  ・sakura.exe.manifest.enforce.vbs

(c) インストール先フォルダの作成

(d) 必要なファイルのインストール

  下記のファイルをインストール先のフォルダに移動する。
  (インストールするファイルの詳細は、QuickStartV2.txt を参照。)

  ・sakura.exe
  ・sakura.exe.manifes
  ・sakura.exe.ini (ユーザー毎に設定を分ける場合のみ)


2. ヘルプファイルのインストールの手順


(1) ファイルのダウンロード


下記の URL から help2-0-7-1.zip をダウンロードする。

・http://sourceforge.jp/projects/sfnet_sakura-editor/


(2) インストール


(a) アーカイブを解凍する。

  sakura.chm が得られる。

(b) ファイルのインストール

  sakura.chm を sakura.exe と同じフォルダに移動する。


3. アンインストールの手順


インストール先フォルダを削除する。


4. 設定例


(1) Windows の [送る] の候補に sakura.exe を追加する。

(2) Sakura Editor の設定


(a) [全般] の設定

  メニューの [設定] -> [共通設定] -> [全般] で下記の設定を行う。

  ・タスクトレイの [タスクトレイを使う] を選択しない。
  ・左下の [同時に複数の編集用ウィンドウを閉じるとき確認] を選択する。
  ・左下の [全終了で編集用ウィンドウを閉じるとき確認] を選択する。

(b) [インデント] の設定


メニューの [設定] -> [タイプ別設定一覧] を選択し、下記の設定を行う。

・タイプとして [テキスト] および [基本] を選択し、[設定変更] を行う。
・インデントの [自動インデント] を選択しない。
・インデントの [全角空白も] を選択しない。


5. 備考


(1) パッケージ版にはインストーラが含まれている。


インストーラでのインストール、コントロールパネルからのアンインストールが可能である。


(2) 旧バージョンは、下記から取得可能である。


http://sourceforge.net/projects/sakura-editor/files/sakura2/



GoogleのUpdateフォルダのタイムスタンプ [Windows]

Google Update を無効化した後にも %ProgramFiles%\Google\Update フォルダのタイムスタンプが更新されるため、原因の調査を行った。
結果は、下記の通りである。

1. 発生事象


%ProgramFiles%\Google\Update\ および Update\Install\ のタイムスタンプが更新される。


2. 原因


起動時の表示ページを chrome://chrome に設定しているためである。

chrome://chrome は、右上のアイコンから [設定] -> [Google Chrome について] を選択した時に表示される画面である。
この画面において、Google Chrome が最新版かどうかの確認処理が実施される。
この確認処理のため、上記のフォルダのタイムスタンプが更新される。


3. 対処方法


起動時に表示するページを chrome://chrome 以外にする。


4. 備考


Google Chrome のバージョンの確認だけなら、chrome://version でも可能である。



Google Chromeの自動更新の無効化 [Windows]

Google Chrome (ver 26.0.1410.64 m) の自動更新の無効化を行った。
レジストリの設定変更のみで実現できるとの情報もあるが、念のため、その他の対応も行った。
手順は、下記の通りである(Windows XP の場合)。

1. レジストリに下記の設定を追加する。
キー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Google\Update
名前: DisableAutoUpdateChecksCheckboxValue
値: 1 (DWORD 値)

2. Google Update プラグインを無効化する。


(1) 右上のアイコンをクリックし、[Google Chrome の設定] を実行する。

(2) [プライバシー] の [コンテンツの設定] を選択する。

(3) [プラグイン] の [プラグインを個別に無効にする] を選択する。

(4) [Google Update] を無効にする。


3. Google Update サービス を停止する。


(1) [コントロール・パネル] -> [管理ツール] -> [サービス] を選択する。

(2) Google Update サービス (gupdate) を無効にする。


・開始されている場合には、停止する。
・スタートアップの種類を [無効] にする。


(3) Google Update サービス (gupdatem) を無効にする。


手順は、上記 (2) と同様。


4. Google Update タスクを無効化(または削除)する。


(1) [コントロール・パネル] -> [タスク] を選択する。

(2) GoogleUpdate TaskMachineCore を無効化(または削除)する。

(3) GoogleUpdate TaskMachineUA を無効化(または削除)する。



Google Chromeのフォント設定 [Windows]

普段は Mozilla Firefox を使用しているが、一時的に Google Chrome を使用することとなり、Google Chrome 26.0.1410.64 のインストールを行った。
動作自体には特に問題はなかったが、フォント設定がどうしても思うように設定できなかった。
仕方ないので、標準の設定機能ではなく、スタイルシートの編集で対応することにした。
詳細は、下記の通りである。

1. Custom.css への設定の追加
* {
  font-family: "MS UI Gothic" !important;
  font-size: 13px !important;
}
h1 {font-size: 1.2em !important;}
h2 {font-size: 1.1em !important;}
h3 {font-size: 1.0em !important;}
h5 {font-size: 0.9em !important;}
h6 {font-size: 0.8em !important;}


Custom.css の絶対パス(Windows XP の場合) は、%UserProfile%\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\User\Default\User StyleSheets\Custom.css である。



指定時間経過後のプロセスの終了 [Windows]

Windows XP 上で、指定時間の経過後に、指定したプロセスを終了するようなソフトウェアを探していた。使用目的は、YouTube や radiko を指定時間の経過後に終了したいためである。
(Linux では、簡単なシェルスクリプトで実現できる。)

1. 採用した方法


Time Flow Terminator というソフトウェアを試したところ、要望を満たすものであった。
( http://www.gigafree.net/system/shutdown/timeflowterminator.html )

・経過時間の指定は、秒単位で行う。
・プロセスの指定は、プロセス ID またはプロセス名で行う。
・プロセスの一覧を表示する機能を持つが、コピー・アンド・ペーストに対応していない。
 コピー・アンド・ペーストを行うためには、別途ソフトウェアの導入が必要となる。
 (例) ExposeText


2. その他の実現方法


(1) taskkill コマンド と at コマンドでの対応


taskkill コマンド(Windows XP Home Edition の場合には簡易版)と at コマンドでの対応も検討したが、上記の方式の方が簡単に実現できる。


(2) Firefox の Sleep Timer アドオンの使用


Firefox には Sleep Timer というアドオンがあったが、現在はダウンロードできない状態となっている。


(3) Windows PowerShell v2 での対応


start-sleep、get-process、stop-process を使用することで対応可能である。
(例) 1 時間(=3600秒)後に firefox を終了する。

start-sleep -s 3600; get-process firefox | stop-process