So-net無料ブログ作成

AVG AntiVirus Free (on Windows)のバージョンアップ [Windows]

Windows 7 において、これまで AVG AntiVirus Free 2014 を使用してきた。
(ウイルス情報は、随時更新。)
特に問題はなかったが、以下の事象の発生によりバージョンアップすることになってしまった。
(非常に残念である。)

1. AVG AntiVirus Free 2017 への自動更新


[2017-08-10]
ウイルス情報の更新時に、AVG AntiVirus Free が自動更新された。
・バージョンは未確認である。
・AVG Zen が同時にインストールされる。

[2017-08-13]
最終的には、AVG AntiVirus Free 2017 (17.5.3022) に自動更新された。


2. AVG AntiVirus Free 2014 の再インストール


AVG AntiVirus Free 2014 の再インストールを試みたが、できなかった。

[2017-08-15]
AVG AntiVirus Free 2014 の再インストール
・サポートを終了したソフトと認識され、インストールできない。
・代わりに、AVG AntiVirus Free 2017 がネット経由でインストールされる。


3. AVG AntiVirus Free 2016 のインストール


AVG AntiVirus Free 2017 が使いづらいため、バージョンダウンを行った。

[2017-08-17]
AVG AntiVirus Free 2016 そのものには大きな問題はない。
ただし、最終的には、AVG AntiVirus Free 2017 に自動更新されてしまう。


4. AVG AntiVirus Free 2015 のインストール


下記の理由から実施していない。

・いずれ AVG AntiVirus Free 2017 に自動更新されると思われる。


5. AVG AntiVirus Free 2017 の使用感


下記の機能が削除(または他機能へリプレース)されたため、現時点では使いづらい。

・[高度な設定] ... 詳細項目の設定
・[レポート]、[履歴] ... 実行履歴(開始終了時刻/実行結果)の表示



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Debian 9の'systemctl list-unit-files'の色表示がおかしい [Debian]

[ソフトウェアのバージョン]
systemd 232-25

1. 発生事象


'systemctl list-unit-files' の色表示がおかしい。

・状態の表示部分のみでなく、行全体が色付けされる。
・最終行で使用された色が画面の前景色となってしまう。

(補足)
Debian 8 (systemd 215-17+deb8u7) では発生しない。


2. 対処方法


(1) 上記事象の発生時に対応する場合


reset コマンドを実行する。


(2) 上記事象を発生させたくない場合


下記の内容で /usr/local/bin/systemctl を作成し、このスクリプトを使用する。
または、出力行数に関係なくページャーを使用(ページャーにパイプ連携)する。

#!/bin/bash
#
# patch for 'systemctl list-unit-files' (on Debian 9)
# - turn off colors
# - disable underline
#
# target version: systemd 232-25
#

/bin/systemctl "$@" | cat
exit "${PIPESTATUS[0]}"


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

GNOME-3からMATEへの移行 [CentOS]

CentOS 7.3 において GNOME-3(classic mode) を使用してきたが、使いづらいため MATE への移行を行った。
以下は、必要最小限のパッケージのみをインストールする方針で実施した手順である。
(正常に動作はするが、ワーニング・メッセージが出力される場合がある。)

# ソフトウェアのバージョン
・GNOME 3.14
・MATE 1.16

1. GNOME のアン・インストール
# yum remove gnome-*  ... (注1)

# rpm -qa | grep gnome
# rpm -e <GNOME 関連のパッケージ>  ... (注2)


(注1)
依存関係により、必要なパッケージがアン・インストールされることがある。
今回は、下記のパッケージがアン・インストールされたため、後で再インストールする。
・fvwm
・xlockmore
・virt-manager (KVM がインストールされている場合)

(注2)
wireshark-gnome はアン・インストールしない。


2. アン・インストールされたパッケージの再インストール

3. mate-desktop のインストール
# yum --enablerepo=epel install mate-desktop.x86_64

4. MATE 用の追加パッケージのインストール
# yum --enablerepo=epel install mate-settings-daemon.x86_64
# yum --enablerepo=epel install mate-applets.x86_64  ... (注1)
# yum --enablerepo=epel install mate-media.x86_64  ... (注2)
# yum --enablerepo=epel install mozo.noarch
# yum --enablerepo=epel install mate-icon-theme.noarch
# yum --enablerepo=epel install mate-themes.noarch


(注1) パネルにごみ箱を表示するため。
(注2) パネルに音量調整ツールを表示するため。


5. セッションの開始コマンドの変更


~/.xinitrc、~/.Xclients 等を編集する。

(変更前)
export GNOME_SHELL_SESSION_MODE=classic
exec gnome-session --session=gnome-classic

(変更後)
exec mate-session

[追記]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Firefox 52.xのファイル選択でディレクトリが先に表示されないことへの対応 [Linux]

Firefox 45.9.0 ESR と Firefox 52.2.1 ESR を併用しているが、後者において、ファイル選択ウィンドウでファイルとディレクトリの区別なく単純にソートされる。
詳細は、以下の通りである。

1. 発生事象


Firefox 52.xのファイル選択でディレクトリが先に表示されない。
(ファイル、ディレクトリの区別なく、名前でソートされる。)

・Firefox 52.2.1 ESR でメニューからファイルを開く際に上記の事象が発生する。
・Firefox 52.2.1 ESR のブックマークの Import/Export で上記の事象が発生する。
・Firefox 45.9.0 ESR では発生しない。


2. 対処方法


(1) dconf エディターの起動


下記のいずれかの手順を実施する。

(a) コマンドの実行

/usr/bin/dconf-editor


(b) デスクトップ環境のメニューからの起動


GNOME の場合:
[アプリケーション] -> [システムツール] -> [dconf エディター]


(2) file-chooser の設定の変更

[パス]
/org/gtk/settings/file-chooser/sort-directories-first

[設定値]
True (初期値: False)


Firefox + uim環境で日本語入力の開始/終了ができないことがある [Debian]

Debian 8 上の Firefox において、uim での日本語入力の開始/終了ができないことがある。
以下は、この事象への対応についてまとめたものである。

[ソフトウェアのバージョン]
uim-anthy 1:1.8.6-8
uim-common 1:1.8.6-8
uim-gtk2.0 1:1.8.6-8
uim-utils 1:1.8.6-8
uim-xim 1:1.8.6-8

1. 発生事象


Firefox + uim 環境で日本語入力の開始/終了ができないことがある。

・Google 検索の入力画面で度々発生する。
・他のソフト、他の画面では問題なく使用できる。


2. 対処方法


下記の手順を実施する。

(1) 環境変数 GTK_IM_MODULE の設定値変更

(変更前)
export GTK_IM_MODULE=uim

(変更後)
export GTK_IM_MODULE=xim

3. 備考


(1) 上記事象が改善されない場合の対応方法


(a) 変換待ちとなっている場合には、キャンセルを行う。


・変換待ちとなっていないかの確認
 Space キーを押下し、変換候補が表示されないかを確認する。
 変換候補が表示された場合、変換待ち状態である。

・変換待ち状態の場合には、この状態を解除する。
 ESC キー、または Control-G を押下する。
 (ほとんどの場合は、これだけで改善できる。)


(b) 上記の手順で改善しない場合には、当該タブを閉じる。


・当該タブでアクセスしている URL をメモする。
・当該タブをを閉じた後に新しいタブを開く。
・新しいタブで、メモした URL にアクセスする。


(2) Debian 8 に限定される問題ではないと思われる。


Firefox と uim の組み合わせで発生する問題のように思われる。


PulseAudioの想定外の動作への対応 [Linux]

これまでは主に、PulseAudio ではなく、ALSA を直接使用してきた。
しかし、Firefox 52.x での音声出力のために PulseAudio を使用するように変更した。
(X の起動時に 'pulseaudio --start' を実行する。)

以下は、ALSA から PulseAudio に移行した際に発生した想定外の動作とその対応についてまとめたものである。

1. PulseAudio の起動により HeadPhone への出力が mute される。


(1) 発生事象


PulsuAudio の起動後にヘッドホンへの出力がミュートされる。

・CentOS 7、Debian 9 で発生する。
 pulseaudio-6.0-9.el7_3.x86_64 on CentOS 7
 pulseaudio 10.0-1 on Debian 9

・Debian 8 では発生しない。
 pulseaudio 5.0-13


(2) 対象方法


PulsuAudio の起動後に下記のコマンドを実行する。
(HeadPhone への出力を unmute する。)

% amixer -q [-c 0] sset Headphone unmute

2. PulseAudio 使用時に ALSA 用ミキサーで mute とすると指定外の出力も mute される。


(1) 発生事象


(a) Master/Headphone を mute すると、下記の出力が mute される。


・Master
・Headphone
・PCM
・Front
・Surround
・Center
・LFE


(b) unmute すると、指定した出力のみが unmute される。


mute 状態が残るため、音声出力が得られない状態のままとなる。


(2) 対象方法


(a) ALSA 用のミキサーでは、mute を行わない。


mute は使用せず、Master の volume off を代用する。


(b) ALSA 用のミキサーで mute を行った場合には、下記のコマンドで unmute する。

% amixer -q [-c 0] [-D pulse] sset Master unmute
または
% pactl set-sink-mute 0 0


Debian 9.0へのアップグレード後の不具合対応 [Debian]

Debian 9.0 へのアップグレード後に発生した不具合の残件対応を行った。
詳細は、以下の通りである。

・発生した不具合の一覧
 cf. http://dan-project.blog.so-net.ne.jp/2017-06-25

1. 発生事象


X アプリでノード名を付けて指定したディスプレイを開けない。

(例)
% xterm -display localhost:0
xterm: Xt error: Can't open display: localhost:0


・パッケージのバージョン
 xserver-xorg 1:7.7+19
 xserver-xorg-core 2:1.19.2-1
 xinit 1.3.4-3+b1


2. 対処方法


/usr/bin/Xorg を変更し、起動時のオプションに '--listen tcp' を追加する。

# cd /usr/bin
# diff Xorg Xorg.org
8c8
<       exec "$basedir"/Xorg.wrap -listen tcp "$@"
---
>       exec "$basedir"/Xorg.wrap "$@"
10c10
<       exec "$basedir"/Xorg -listen tcp "$@"
---
>       exec "$basedir"/Xorg "$@"

3. 備考


(1) /usr/bin/Xorg の変更により、6000 番ポートが Listen 状態になる。

% netstat -an | grep 6000
tcp        0      0 0.0.0.0:6000            0.0.0.0:*           LISTEN
tcp6       0      0 :::6000                 :::*                LISTEN


(2) /etc/X11/xinit/xserverrc の変更では効果がない。

# cd /etc/X11/xinit
# diff xserverrc xserverrc.org
3c3
< exec /usr/bin/X "$@"
---
> exec /usr/bin/X -nolisten tcp "$@"


Debian 9.0へのアップグレード時に発生した不具合への対応 [Debian]

Debian 9 のテスト環境作成のため、Debian 8.8 から Debian 9.0 へのアップグレードを行った。
以下は、その際に発生した事象とその対応をまとめたものである。

1. アップグレードの手順


これまでのバージョンでの実施手順と同様である。
( https://www.debian.org/releases/stretch/i386/release-notes/ch-upgrading.ja.html )


2. 発生事象 (対応済)


(1) アップグレード後に LVM が認識されない


・ブート時に LVM が認識されない。
・マウントに失敗し、システムが正常に起動できない。
・emergency mode になる。


(a) 対処方法


下記の手順を実施し、initramfs image を更新する。

・emergency mode で、root のパスワードを入力
・lvscan を実行
・マウントに必要な VG に対して、'vgchange -ay ' を実行
・exit を実行(emergency mode の終了)
・/boot/initrd.img-* の更新
 (update-initramfs -c|-u -k `uname -r`)
・システムの再起動


(2) コンソールで、日本語キーボードとして認識されない


・/etc/default/keyboard は Debian 8 からの流用である。
・'localectl set-keymap jp106' の実行では改善されない。
・X 環境では日本語キーボードと認識される。


(a) 対処方法


/etc/rc.local に下記の設定を追加する。

loadkeys jp106


(3) 一般ユーザーで X を 起動できない。


・パッケージのバージョン: xserver-xorg 1:7.7+19
・/var/log/Xorg.0.log が作成されない。
 (~/.local/share/xorg/Xorg.0.log が作成される。)
・ログファイルのエラーメッセージは、下記の通りである。

Fatal server error:
(EE) parse_vt_settings: Cannot open /dev/tty0 (Permission denied)


(a) 対処方法


/etc/X11/Xwrapper.config を変更する。

# diff Xwrapper.config Xwrapper.config.org
14,15c14
< allowed_users=anybody
< needs_root_rights=yes
---
> allowed_users=console


・上記の対応後、/var/log/Xorg.0.log が作成されるようになる。


(4) mplayer で ~/.mplayer/{config,input.conf} の設定が反映されない。


(a) 原因


mplayer から mpv に変更されたためである。
・mplayer は mpv へのシンボリックリンクとなっている。
・mplayer と mpv では、設定ファイルのパスが異なる。


(b) 対処方法


下記のパスに設定ファイルを作成する。

~/.mpv/{config,input.conf}
または
~/.config/mpv/{mpv.conf,input.conf}


(c) 設定ファイルへの設定例

% cat ~/.mpv/config
# display size and aspect ratio
video-aspect=16:9
geometry=320

% cat ~/.mpv/input.conf
# key bindings
MOUSE_BTN3 volume 1
MOUSE_BTN4 volume -1


(5) gnome-session が想定通りの動作とならない。


・パッケージのバージョン: gnome-session-flashback 3.22.0-3
・'exec gnome-session --session=gnome-flashback' で起動できない。


(a) 対処方法


gnome-session の起動部分を下記のように変更する。
( cf. https://wiki.archlinuxjp.org/index.php/GNOME_Flashback )

(変更前)
exec gnome-session --session=gnome-flashback

(変更後)
export XDG_CURRENT_DESKTOP=GNOME-Flashback:GNOME
exec gnome-session --session=gnome-flashback-metacity


(b) gnome-session のバージョンの確認方法


・gnome-session --version: 出力なし
・/usr/lib/gnome-session/gnome-session-binary --version: 出力なし
・gnome-session-inhibit --version: バージョンを表示


3. 発生事象 (未対応)


(1) X アプリでノード名を付けて指定したディスプレイを開けない。


・パッケージのバージョン: xserver-xorg 1:7.7+19
・'Xt error: Can't open display' と出力される。
・'xhost +' を実行しても状況は変わらない。
・xauth を無効化しても状況は変わらない。
・':0' で指定した場合には開ける。

(例)
% xterm -display localhost:0
xterm: Xt error: Can't open display: localhost:0


bashでの配列の使用 [Linux]

Perl スクリプトをシェルスクリプト(bash on Linux) に移植する必要があり、対応を行った。
この過程で、スクリプトの可読性を良くするために配列(連想配列を含む)を使用した。

以下は、備忘録として、配列の使用に関して要点をまとめたものである。

1. 配列 (indexed array)


(1) 変数の宣言


通常の変数の場合と同じである。
・通常は変数の宣言は不要である。
・local により、関数内のローカル変数として宣言することが可能である。


(2) 値の設定


(a) 要素毎の設定

a_demo[0]=a
a_demo[1]=b


(b) 全要素の設定

a_demo=(a b)


(補足)
・空の配列の作成: a_demo=()
・配列の宣言と要素の設定を同時にすることが可能である。
 local a_demo=(a b)


(c) 配列要素の追加

a_demo+=(c)


(3) 値の参照

${#a_demo[*]} ... 要素数
${a_demo[*]} ... 全要素
${a_demo[n]} ... n 個目の要素


(補足)
* の代わりに @ を使用することも可能である。
両者の違いは、通常の変数参照時の "$*" と "$@" の違いと同様である。


2. 連想配列 (associative array、hash)


bash v4 で追加された機能である。
未対応のバージョンでは、エラーとなる。

(1) 変数の宣言


使用する前に、連想配列としての変数の宣言が必要である。

declare -A h_demo


(補足)
関数内で上記の変数宣言を行った場合には、当該関数内でのみ有効となる。
(関数内でのローカル変数となる。)


(2) 値の設定


(a) 要素毎の設定

h_demo[Jan]=1
h_demo[Feb]=2


(b) 全要素の設定

h_demo=([Jan]=1 [Feb]=2)


(補足)
・空の連想配列の作成: h_demo=()
・連想配列の宣言と要素の設定を同時にすることが可能である。
 declare -A h_demo=([Jan]=1 [Feb]=2)


(3) 値の参照

${#h_demo[*]} ... 要素数
${!h_demo[*]} ... 全要素(key)
${h_demo[*]} ... 全要素(value)
${h_demo[key]} ... 特定の要素(key に対応する value)


(補足)
* の代わりに @ を使用することも可能である。
両者の違いは、通常の変数参照時の "$*" と "$@" の違いと同様である。



xawtvのウィンドウサイズを変更すると画像が表示されなくなる [Debian]

[ソフトウェアのバージョン]
xawtv 3.103-3+b1
linux-image-3.16.0-4-686-pae 3.16.39-1+deb8u2

1. 発生事象


Debian 8 において、xawtv のウィンドウサイズを変更すると画像が表示されなくなる。

・xawtv を再起動すると回復する。
・Debian 7 (linux-image-3.2.0-4-686-pae 3.2.86-1)では発生しない。
・xawtv 3.102-3 (Debian 7 のパッケージ)に変更しても状況は変わらない。


2. 原因


kernel 3.16.x 上で発生する xawtv のバグである。
(詳細は、備考を参照。)


3. 対処方法


下記の手順を実施する。

(1) 更新するパッケージの入手


ubuntu 16.10 の下記のパッケージをダウンロードする。

fontconfig-config_2.11.94-0ubuntu2_all.deb
libfontconfig1_2.11.94-0ubuntu2_i386.deb
pia_3.103-4_i386.deb
scantv_3.103-4_i386.deb
xawtv-plugins_3.103-4_i386.deb
xawtv_3.103-4_i386.deb


(補足)
・Debian 8 用の更新パッケージはリリースされていない。
・Debian sid よりも ubuntu 16.10 の方が更新するパッケージの数が少ない。
https://pkgs.org/ 等から当該パッケージをダウンロードする。


(2) パッケージの更新

# dpkg -i *.deb


(補足)
更新内容は、下記の通りである。

・fontconfig-config
 2.11.0-6.3+deb8u1 => 2.11.94-0ubuntu2
・libfontconfig1
 2.11.0-6.3+deb8u1 => 2.11.94-0ubuntu2
・pia
 3.103-3+b1 => 3.103-4
・scantv
 3.103-3+b1 => 3.103-4
・xawtv-plugins
 3.103-3+b1 => 3.103-4
・xawtv
 3.103-3+b1 => 3.103-4

[備考]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。