So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

CentOS 7上のxawtvでノイズが発生することへの対応 [Linux]

[ソフトウェアのバージョン]
・xawtv-3.105-2.el7.x86_64
・alsa-lib-1.1.6-2.el7.x86_64
・alsa-plugins-pulseaudio-1.1.6-1.el7.x86_64
・alsa-utils-1.1.6-1.el7.x86_64
・pulseaudio-10.0-5.el7.x86_64
・kernel-3.10.0-957.10.1.el7.x86_64
 (saa7134 モジュール、saa7134_alsa モジュールを使用)

1. 発生事象


xawtv の音声にノイズが発生する。

・起動直後にはノイズは発生しない。
・しばらく使用しているとノイズが発生する。
 (30〜60 分程度の連続使用で、音がこもる/割れる。)
・xawtv を再起動すると改善される。
・xawtv の機能により、ミュート/ミュート解除を行うと改善される。
・改善された後も、しばらく使用していると再発する。
・ノイズが発生する場合には、下記のようなメッセージが出力される。
 ALSA lib pcm.c:8424:(snd_pcm_recover) overrun occurred
 (ただし、当該メッセージが出力されてもノイズが発生するとは限らない。)

(補足)
・/dev/mixer の存在しない状態で使用している。
・xawtv の画像に関しては、問題は発生していない。
・下記のような関係にあると思われる。
 xawtv -> saa7134_alsa モジュール -> alsa-lib


2. 対処方法


現時点では、根本的な解決方法は不明である。
また、取り敢えず、下記の手順により対応可能である。

(1) ~/bin/xawtv-patch の作成


下記の処理を行うスクリプトを作成する。

(a) xawtv の機能により、mute の状態を取得する。

% v4lctl show mute


(補足)
xawtv-remote に同じ引数(同じコマンド)を指定しても何も出力されない。


(b) xawtv の機能により、mute の状態を再設定する。

[mute されている場合]
% xawtv-remote volume mute off; xawtv-remote volume mute on

[mute されていない場合]
% xawtv-remote volume mute on; xawtv-remote volume mute off


(補足)
v4lctl に同じ引数(同じコマンド)を指定しても求める効果が得られない。


(2) cron への ~/bin/xawtv-patch を実行する設定の追加


(例)
20 分毎に ~/bin/xawtv-patch を実行する。


[備考]


nice!(1)  コメント(0) 

Firefoxの中間CA証明書の期限切れへの対応 [Linux]

2019-05-04 に Firefox のアドオンが使用できなくなる不具合が発生した。アドオンの署名に使用する中間 CA 証明書の有効期限切れのためである。

現時点でサポートされているバージョンについては、修正プログラムや更新バージョンのインストールで対応可能である。しかし、サポートの終了したバージョンについては、別途対応が必要である。
以下は、備忘録として、サポートの終了したバージョンへの対応方法をまとめたものである。

1. 発生事象


書名の必要なアドオンが使用できない状態となる。

(例)
Firefox ESR 52.9.0/Firefox ESR 45.9.0 で下記のアドオンが使用できない状態となる。
・Classic Theme Restorer 1.7.7.2
・Tab Mix Plus 0.5.5.0


2. 対処方法


(1) 証明書のダウンロード


http://yahoogeocities.g1.xrea.com/signingca1addonsmozillaorg.crt


(2) 証明書の Firefox へのインストール


(a) メニューから [編集] -> [設定] を選択

(b) 左側の一覧から [詳細] -> [証明書] を選択

(c) 下側の [証明書を表示] を選択

(d) 証明書マネージャー画面で証明書をインストール


・[認証局証明書] タブを選択
・[インポート] を選択
・ダウンロードした証明書を選択
・[証明書のインストール] 画面では、[OK] のみを選択
・[OK] を選択し、証明書マネージャーを終了


(3) アドオンの状態を強制的に再チェック


(a) F12 を押下し、開発者ツールを起動

(b) 右上のギアのアイコンを選択

(c) [ブラウザーとアドオンのデバッガーを有効化] をチェックする。

(d) CTRL+Shift+J でブラウザーコンソールを起動

(e) 下記の 2 行をコピー・ペーストし、Enter を押下


# 1 行目
var { XPIProvider } = Components.utils.import("resource://gre/modules/addons/XPIProvider.jsm", {});
# 2 行目
XPIProvider.verifySignatures();

(補足)
・一行ずつの入力、マルチステートメントでの入力とも可能である。
・複数行を 1 度に入力することも可能である。
 (途中の行の行末では Shift+Enter、最終行の行末では Enter を入力)


(f) ブラウザーコンソールを終了

(g) 上記 (c) の変更を元に戻す。

(h) 開発者ツールを終了


(4) Firefox の再起動


3. 備考


(1) 更新された証明書


[認証局証明書] -> [Mozilla Corporation] -> [signingca1.addons.mozilla.org]


(2) 参考にした情報


http://yahoogeocities.g1.xrea.com/MozillaFirefoxAddonCorruptionHotfix.html
https://nandakke.hatenadiary.com/entry/2019/05/06/043752



nice!(1)  コメント(0) 

不要なパッケージのアン・インストール後radikoが聴けなくなったことへの対応 [CentOS]

CentOS 7.6 において、不要となったパッケージをアン・インストールした後、radiko を再生できない状況となってしまった。
以下は、備忘録として発生事象と対処方法をまとめたものである。

1. 発生事象


不要なパッケージのアン・インストール後 radiko が聴けなくなった。
(再生を開始できない。)

また、アン・インストールしたパッケージは MPlayer とその依存パッケージである。
・インストール時のログから該当するパッケージを選択
・依存関係によりアン・インストールできないパッケージは対象から除外

(補足)
・下記のネットラジオも聴けない。
 ・AFN 360 - Tokyo
  ( http://afn360.afnpacific.net/AudioPlayer.html#afnp_tko )
 ・NHKラジオ らじる★らじる
  ( https://www.nhk.or.jp/radio/player/?ch=fm&area=tokyo )
・Firefox は ftp.mozilla.org からダウンロードした下記のバージョンを使用
 ・Firefox Quantum 60.6.1esr
 ・Firefox 52.9.0esr


2. 対処方法


下記のパッケージを再度インストールする。

・ffmpeg-libs-2.6.3-1.el7.nux.x86_64.rpm
・lame-libs-3.100-1.el7.x86_64.rpm
・libass-0.13.4-6.el7.x86_64.rpm
・libva-1.8.3-1.el7.x86_64.rpm
・nux-dextop-release-0-1.el7.nux.noarch.rpm
・schroedinger-1.0.11-4.el7.x86_64.rpm
・soxr-0.1.2-1.el7.x86_64.rpm
・x264-libs-0.142-11.20141221git6a301b6.el7.nux.x86_64.rpm
・x265-libs-1.6-1.el7.nux.x86_64.rpm
・xvidcore-1.3.2-5.el7.nux.x86_64.rpm

(補足)
・幾つかのパッケージは、依存関係によりインストールが必要なものである。
・Firefox Quantum 60.6.1esr では再発することがある。
 再発した場合には、Firefox の再起動で対応する。
・Debian 9 上の Firefox Quantum 60.6.1esr(32bit 版) では発生しない。
 (Debian 9 と CentOS 7.6 をマルチブートする環境である。)


[追記]


nice!(1)  コメント(0) 

Yahoo!ニュースでの動画の自動再生の無効化 [misc]

[ソフトウェアのバージョン]
・Firefox Quantum 60.6.0esr
・Flash Block (Plus) 0.1.9
・uBlock Origin 1.18.6

1. 発生事象


Yahoo!ニュース で動画が自動再生されてしまう。

(補足)
・音声がミュートされた状態で自動再生される。
・Flash Block (Plus) での Flash のブロックでは対応できない。
・以前は Flash Block (Plus) で対応できていた。
・Firefox 52.9.0esr では、Flashblock での Flash のブロックで対応できる。


2. 対処方法


uBlock Origin に下記の設定を追加し、再生画面を表示しないようにする。

!! block video news on news.yahoo.co.jp
||s.yimg.jp/images/media/video/


nice!(1)  コメント(0) 

apt-get/dpkg-queryコマンドで警告メッセージが表示される [Debian]

1. 発生事象


Debian 9.7 の apt-get/dpkg-query コマンドで警告メッセージが表示される。

(警告メッセージ)
# dpkg-query --show  | sort | sed 's/\t/_/' > /var/log/pkg_list
dpkg-query: warning: parsing file '/var/lib/dpkg/status' near line 16389 \
package 'gnome-control-center':
'Depends' field, reference to 'libgnome-desktop-3-12': error in version: \
invalid character in version number


[ソフトウェアのバージョン]
・apt_1.4.9
・apt-utils_1.4.9
・libapt-inst2.0:i386_1.4.9
・libapt-pkg5.0:i386_1.4.9

(補足)
・'dpkg-query --show' をインストール済パッケージの一覧作成で使用している。
・'apt-get -Vs upgrade' を更新パッケージの有無の確認で使用している。
・エラーではないため、コマンドの実行結果は得られる。
・apt 1.4.8 (Debian 9.6 のパッケージ) では発生しない。
 apt_1.4.8
 apt-utils_1.4.8
 libapt-inst2.0:i386_1.4.8
 libapt-pkg5.0:i386_1.4.8


2. 対処方法


該当するパッケージを再インストールし、/var/lib/dpkg/status を更新する。
手順は、下記の通りである。

(1) 再インストールするパッケージの限定


/var/lib/dpkg/status の line 16389 を含むパッケージ名を取得する。
=> パッケージ名: gnome-control-center


(2) 当該パッケージの再インストール

# apt-get --reinstall install gnome-control-center


・/var/lib/dpkg/status が更新される。



nice!(1)  コメント(0) 

CentOS 7.6のX上でのコピー・ペーストの不具合 [CentOS]

1. 発生事象


ウィンドウ間のコピー・ペーストができないことがある。

・コピー・ペーストでウィンドウのフォーカスを移動できない。
 (マウスの移動に追随してフォーカスが移動するように設定している。)
・X の初回起動時に発生することが多い。
・X の初回起動時に発生しない場合には、以後も発生しない。
・MATE 1.16、FVWM 2.6 で発生することを確認
・CentOS 7.5 では発生しない。

再現方法は、下記の通りである。

(1) Emacs、Xterm を起動する。

(2) Emacs (または Xterm) 上で適当なコマンド実行し、実行結果の一部を選択する。


(例)
・'ls -l' を実行
・実行結果のいずれかの行で、月の値をマウスで選択する。


(3) 他方のウィンドウにマウスカーソルを移動する。


ここで、ウィンドウのフォーカスを移動できない。


2. 対処方法


下記のパッケージへの更新を行う。
・libgudev1-219-62.el7_6.5.x86_64

(補足)
依存関係により、下記のパッケージに更新される。
・systemd-libs-219-62.el7_6.5.x86_64
・systemd-219-62.el7_6.5.x86_64
・systemd-python-219-62.el7_6.5.x86_64
・systemd-sysv-219-62.el7_6.5.x86_64


3. 備考


パッケージを更新しない場合の対処方法は、下記の通りである。
https://dan-project.blog.so-net.ne.jp/2019-01-19



nice!(1)  コメント(0) 

CentOS 7.6へのアップデート後の不具合 [CentOS]

CentOS 7.5 から 7.6 へのアップデート後、以下の不具合が発生する。

[ソフトウェアのバージョン]
・xorg-x11-server-Xorg-1.20.1-5.1.el7.x86_64
・xorg-x11-server-utils-7.7-20.el7.x86_64
・xorg-x11-utils-7.5-23.el7.x86_64
・xorg-x11-xkb-utils-7.7-14.el7.x86_64
・emacs-24.3-22.el7.x86_64
・xterm-295-3.el7.x86_64

1. 発生事象


ウィンドウ間のコピー・ペーストができないことがある。

・コピー・ペーストでウィンドウのフォーカスを移動できない。
 (マウスの移動に追随してフォーカスが移動するように設定している。)
・X の初回起動時に発生することが多い。
・X の初回起動時に発生しない場合には、以後も発生しない。
・MATE 1.16、FVWM 2.6 で発生することを確認
・CentOS 7.5 では発生しない。

再現方法は、下記の通りである。

(1) Emacs、Xterm を起動する。

(2) Emacs (または Xterm) 上で適当なコマンド実行し、実行結果の一部を選択する。


(例)
・'ls -l' を実行
・実行結果のいずれかの行で、月の値をマウスで選択する。


(3) 他方のウィンドウにマウスカーソルを移動する。


ここで、ウィンドウのフォーカスを移動できない。


2. 対処方法


下記の手順により X を再起動すると改善される。

・フォーカスされているウィンドウを終了する。
 (exit の実行、ウィンドウのクローズ、等)
・X を終了する。
・X の終了後、再度 X を起動する。

(補足)
・最初に X を再起動することで、問題事象の発生を抑止できるかも知れない。
・現時点では、原因は不明である。
・X 関連のパッケージのバグの可能性が高い。



nice!(0)  コメント(0) 

CentOS 7.6へのアップデート [CentOS]

CentOS 7.5 から 7.6 へのアップデートを行った。
基本的な手順はこれまでと同じであるが、MATE 関連で想定外の事象が発生した。
以下は、備忘録として発生事象と対処方法をまとめたものである。

1. EPEL にある MATE 関連のパッケージとの依存関係の解決


(1) 発生事象


MATE 関連のパッケージとの依存関係を解決しない場合、下記のエラーが発生する。

---> Package libgtop2.x86_64 0:2.34.2-2.el7 will be updated
--> Processing Dependency: libgtop-2.0.so.10()(64bit) for package: \
mate-applets-1.16.0-1.el7.x86_64
--> Processing Dependency: libgtop-2.0.so.10()(64bit) for package: \
marco-1.16.1-3.el7.x86_64
--> Finished Dependency Resolution
Error: Package: marco-1.16.1-3.el7.x86_64 (@epel)
           Requires: libgtop-2.0.so.10()(64bit)
           Removing: libgtop2-2.34.2-2.el7.x86_64 (@base)
               libgtop-2.0.so.10()(64bit)
           Updated By: libgtop2-2.38.0-3.el7.x86_64 (base)
              ~libgtop-2.0.so.11()(64bit)
Error: Package: mate-applets-1.16.0-1.el7.x86_64 (@epel)
           Requires: libgtop-2.0.so.10()(64bit)
           Removing: libgtop2-2.34.2-2.el7.x86_64 (@base)
               libgtop-2.0.so.10()(64bit)
           Updated By: libgtop2-2.38.0-3.el7.x86_64 (base)
              ~libgtop-2.0.so.11()(64bit)
 You could try using --skip-broken to work around the problem


(2) 対処方法


まず、下記の手順により、更新可能な EPEL パッケージの情報を取得する。

# env LANG=C yum --disablerepo=* --enablerepo=epel list updates \
> /tmp/updated-pkg-epel.log


次に、下記のパッケージを更新の対象に追加する。

・marco.x86_64
・mate-applets.x86_64


2. MATE のパネルのフォントが滲むことへの対応


(1) 発生事象


CentOS 7.6 への更新後、MATE のパネルのフォントが滲むようになった。


(2) 対処方法


設定ファイルでの当該フォントの識別子が変更されたようである。
このため、設定内容(指定したフォント)が引き継がれない。

よって、下記の手順により、再度フォントの設定を行う。

・[システム] -> [設定] -> [外観の設定] を選択
・[フォント] タグを選択
・フォントの指定

再設定前後での設定内容は、それぞれ下記の通りである。

(再設定前)
アプリケーション: さざなみゴシック Gothic-Regular 10
ドキュメント: さざなみゴシック Gothic-Regular 9
デスクトップ: さざなみゴシック Gothic-Regular 10
ウィンドウのタイトル: さざなみゴシック Gothic-Regular 9
固定幅のフォント: Monospace 9

(再設定後)
アプリケーション: Sazanami Gothic 10
ドキュメント: Sazanami Gothic 9
デスクトップ: Sazanami Gothic 10
ウィンドウのタイトル: Sazanami Gothic 9
固定幅のフォント: Monospace 9

3. 備考


CentOS 7.6 へのアップデートにより、下記のパッケージが追加/削除される。

(追加されるパッケージ) - 14 個のパッケージ
boost-random.x86_64
daxctl-libs.x86_64
libblockdev-nvdimm.x86_64
libglvnd.x86_64
libglvnd-egl.x86_64
libglvnd-gles.x86_64
libglvnd-glx.x86_64
libsmartcols.x86_64
libwayland-egl.x86_64
mozjs52.x86_64
ndctl.x86_64
ndctl-libs.x86_64
python2-blockdev.x86_64
python2-subprocess32.x86_64

(削除されるパッケージ) - 1 個のパッケージ
mesa-libwayland-egl.x86_64


nice!(1)  コメント(0) 

ハードディスクのSMARTエラーの発生 [misc]

ハードディスクの SMART エラーが発生するようになった。
(SMART: Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology の略、自己診断機能)
詳細は、以下の通りである。

1. 発生事象


ブート時の BIOS 画面において、ハードディスクの SMART エラーが表示される。
表示されるエラー・メッセージは、下記の通りである。


Pri Master Hard Disk: S.M.R.T. Status BAD, Backup and Replace
Press 'DEL' to Resume


(補足)
・該当するディスクには、Window 7 がインストールされている。
・Windows 7 以外で使用する領域は、2 台のディスクで RAID を構成している。


2. 対処方法


下記の手順を実施する。

(1) 上記のエラー・メッセージが表示された後、DEL キーを押下する。


BIOS の設定画面が表示される。


(2) BIOS の設定画面で、ESC キーを押下する。


下記の確認メッセージが表されるので、[OK] を選択する。


Discard changes and exit setup?


また、[OK] の選択後、GRUB のブートメニューが表示される。


3. 備考


(1) BIOS


American MegaTrends 製 BIOS


(2) SMART のエラー・メッセージの非表示


BIOS の設定画面に該当する設定項目がある場合には、非表示にできる。
それ以外の場合には、非表示にはできない。

なお、使用中の BIOS には該当する設定項目がない。
よって、SMART のエラー・メッセージを非表示にはできない。


(3) ハードディスクへのアクセス


現時点では、正常にアクセスできている。


(4) ディスクの交換の有無


正常にアクセスできているため、ディスクの交換は行わない。
ただし、Windows 7 のバックアップをできる限りこまめに実施する。
(Linux 上で NTFS パーティションのバックアップを行う。)



nice!(1)  コメント(0) 

ハードディスクへのアクセス障害発生後、特定のブートができなくなった [CentOS]

CentOS 6 において、ハードディスクへのアクセス障害の発生後、特定のブートができなくなった。
以下は、備忘録として、発生事象と対処方法をまとめたものである。

1. 発生事象


マルチブート環境において、下記のブートができなくなった。

・Linux の GRUB Legacy からの Windows 7 のブート
 Error 13: Invalid or unsupported excutable format と出力される。

・GRUB Legacy でのチェイン・ブート
 再度 1 段目の GRUB メニューが表示され、ブートできない。

(補足)
・チェイン・ブートしない場合にはブートできる。
・2 個目のディスクを無効化(SATA ケーブルを抜線)すると、Windows 7 は起動できる。
 Windows 7 は 1 個目のディスクにインストールされている。
・grub-install を再実行しても改善されない。


2. 原因


BIOS の設定において、Disk1 と Disk2 が逆順に設定された状態になっていた。
(/dev/sd[ab] とディスクの関係が逆に設定されていた。)

なお、なぜこのような状況になったのかは不明である。


3. 対処方法


BIOS の設定画面において、Disk1 と Disk2 の順序を修正する。
・/dev/sda と /dev/sdb に接続されるディスクの設定を正しい値に修正する。



nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -