So-net無料ブログ作成

openSUSE 11.4 へのアップグレード [openSUSE]

openSUSE 11.4 がリリースされたので、openSUSE 11.3 からの Live アップグレードを実施した。

1. Live アップグレード
 Live アップグレードは openSUSE 11.3 の場合と同じ手順で特に問題なく終了した。

2. アップグレード後の対応
 何点か不具合が発生したため、以下の対応を行った。
 使用できる状態にはなったが、細かな問題が残っているため、しばらく様子を見ようと思う。

 (1) metacity(metacity-2.30.3-6.2.i586) のバージョンダウン


[Alt + 半角/全角] が [ウィンドウの前面への移動] にバインドされ、通常の方法では解除できなかったため、openSUSE 11.3 のパッケージに変更した。

# rpm --oldpackage -Uvh metacity-2.30.1-3.1.i586.rpm \
metacity-lang-2.30.1-3.1.noarch.rpm

 (2) カーネル(kernel-default-2.6.37.1-1.2.2.i586) のバージョンダウン


ivtv モジュールのロードが正常終了せず、/dev/video0 が作成されなかった。
(何度かリブートを実行しても、状況は変わらなかった。)
また、カーネルをアップデートしても改善されなかった。
(http://software.opensuse.org/search/ で検索されたカーネルを使用。)
このため、openSUSE 11.3 のパッケージに変更した。
(上記モジュールのロード時に kernel panic を発生することがある。)

# rpm --oldpackage -Uvh kernel-default-2.6.34.8-31.1.i586.rpm

 (3) syslog-ng(syslog-ng-3.2.2-5.1.i586) の設定変更


syslog-ng.conf の stats_freq の設定が反映されず、statistics の出力が頻繁に実施されてしまうため、statistics の出力を無効化した。

stats_freq(0);


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0