So-net無料ブログ作成

Thunderbird 12.0へのアップデート [Windows]

Windows環境にThunderbird 3.1をインストールしていたが、サポートが終了したため、Thunderbird 12.0へのアップデートを行った。
以下は、実施した手順、アップデートの過程で発生した不具合とその対応をまとめたものである。

1. Thunderbirdの[ソフトウェアの更新]を使用したアップデート


【不具合-1】
メッセージを右クリックして表示されるメニューに複数の空白行が表示されるようになった。
【対応】
コントロール・パネルからTunderbirdをアンインストールした後、再度インストールする。


【不具合-2】
起動時のメッセージペインにスタートページが表示されなくなった。
【対応】
Thunderbirdを終了し、プロファイルフォルダのlocalstore.rdfを削除後、Thunderbirdを起動する。


2. アドオンの更新


Thunderbird 12.0に対応していないアドオンがあったため、下記の手順を実施する。


 (1) SmartTemplate 0.6.0


SmartTemplate4 0.8.0に変更する。


 (2) Ruler Bar 0.4.2011020301


install.rdfを変更することで対応する。
・xpiファイルのファイル名に.zipを付加し、zipアーカイブとして解凍する。
・install.rdfを編集する。
 (em:version="0.4.2011020301.2", em:maxVersion="*.*"に変更。)
・解凍されたファイルをzipで圧縮した後、拡張子を.xpiに変更しxpiファイルを作成する。
・上記xpiファイルをインストールする。


 (3) Enigmail 1.4.1で使用するGPGの更新


・gnupg-w32cli-1.4.12.exeをダウンロードし、インストールする。
・Enigmailの[設定]→[基本]→[ディレクトリとファイル]に、gpg.exeのパスを設定する。
・ついでにWinPT-1.4.3をインストールする。
 (winpt-1.4.3-exe.zipを適当なフォルダで解凍する。)
・更新されたGPGにより鍵を作成する。


3. 設定の変更(主に軽量化のため)

 (1) グローバル検索と索引データベースの無効化


・[ツール]→ [オプション]→[詳細]→[一般]で、
 [グローバル検索と索引データベースを有効化する]を選択しない。
・Thunderbirdの終了後、プロファイルフォルダのglobal-messages-db.sqliteを削除する。


 (2) 起動時のスタートページの表示を停止


[ツール]→ [オプション]→[一般]で、[起動時にメッセージペインにスタートページを表示する]を選択しない。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0