So-net無料ブログ作成

openSUSE 12.2へのアップデート(2) [openSUSE]

1. 対応できていなかった不具合への対応


(1) ブート直後に getty のプロンプトが表示されない件への対応


【対処方法】
/etc/init.d/boot.local の最後に下記の設定を追加する。

# patch for getty@tty1.service (on openSUSE 12.2)
(sleep 3; systemctl restart getty@tty1.service >/dev/null 2>&1) &

### 追記(2012-09-17)

2. 対応できていなかった不具合への対応 (part2)


(1) Xorg が異常終了する件への対応


【発生事象の補足情報】
fvwm2(fvwm2-2.6.4-2.1.2.i586) 環境下で発生するが、GNOME 環境下では発生しない。

また、下記の手順により、再現できる。
・Firefox を起動する(Firefox 14.0.1/15.0.1 を使用)。
・google で JavaScript を検索する。
・検索結果の一番目にある JavaScript - Wikipedia にアクセスする。
 (http://ja.wikipedia.org/wiki/JavaScript)
・Firefox の [前ページに戻る] アイコンをクリックする。


【対処方法】
fvwm2 を openSUSE 12.1 のパッケージに入れ替える。

# rpm --oldpackage -Uvh fvwm2-2.5.26-59.1.3.i586.rpm

3. 新たな不具合への対応


(1) GNOME において、~/.config/gtk-3.0/settings.ini の設定が反映されない。


【発生事象】
~/.config/gtk-3.0/settings.ini の gtk-theme-name の設定が反映されない。

【対処方法】
gnome-tweak-tool をインストールし、テーマの設定を行う。
・gnome-tweak-tool をインストールする。
・[アプリケーション] -> [アクセサリ] -> [高度な設定] を選択する。
・左のメニューから [テーマ] を選択する。
・[ウィンドウのテーマ] でテーマを指定する。(例えば、[Clearlooks] を指定)


(2) Helvetica を指定した時に使用されるフォントが openSUSE 12.1 の場合と異なる。


【発生事象】

# on openSUSE 12.2
% fc-match Helvetica:lang=en
arial.ttf: "Arial" "Normal"
% fc-match Helvetica:lang=ja
ipagp.ttf: "IPAPGothic" "Regular"

# on openSUSE 12.1
% fc-match Helvetica:lang=en
n019003l.pfb: "Nimbus Sans L" "Regular"
% fc-match Helvetica:lang=ja
n019003l.pfb: "Nimbus Sans L" "Regular"


【対処方法】
/usr/share/fonts/URW を作成する。

# cd /usr/share/fonts
# ln -s ../ghostscript/fonts URW

### 追記(2012-09-21)

4. 備考


2 日間集中的に使用してみたが、openSUSE 12.1 と同程度に安定動作する。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0