So-net無料ブログ作成

GTK+の警告音の無効化 [openSUSE]

openSUSE 12.1 へのアップデート後、Firefox を二重起動しようとした時に、GTK+ の警告音が鳴るようになってしまった(openSUSE 12.2 でも同様である)。

下記のメッセージが表示される時に、警告音(ビープ音ではなく効果音)が鳴る。
Firefox は起動していますが応答しません。
新しいウィンドウを開くにはまず既存の Firefox プロセスを終了させるか、
コンピュータを再起動させなければなりません。

以降は、上記の警告音を無効化する手順をまとめたものである。

1. GNOME の場合


・パネルの音量調整のアイコンを右クリックし、[サウンドの設定] を選択する。
 (gnome-control-center sound が実行される。)

・[音響効果] タブを選択する。

・[警告音の音量] の [ミュート] を選択する。
 [ミュート] を選択しないと、音量が 0 でも上記の事象が発生する。


2. fvwm2 の場合


GTK+ の設定ファイルに下記の設定を追加する。

## disable to event sounds
gtk-enable-event-sounds = 0
gtk-enable-input-feedback-sounds = 0


・gtk-enable-event-sounds = 0 の追加のみでも無効化できる。

・GTK+2 の場合
 ~/.gtkrc-2.0 に上記の設定を追加する。

・GTK+3 の場合
 ~/.config/gtk-3.0/settings.ini に上記の設定を追加する。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0