So-net無料ブログ作成

/usr/bin/Xorgのファイル・パーミションの変更 [openSUSE]

openSUSE において、xorg-x11-server をアップデートする度に /usr/bin/Xorg の setuid ビットが削除され、手動で再設定することを繰り返してきた。しかし、手動での対応が面倒になってきたので、対応方法を変更した。
なお、基本的な手順は openSUSE のバージョンに依存しないと思われるが、実際に使用したのは openSUSE 12.2 である。

1. /etc/permissions.local の編集


下記の設定を追加する。

/usr/bin/Xorg                 root:root       4755

2. /etc/permissions.local の編集内容の反映


下記のコマンドを実行する。

# chkstat --system

3. 備考


/etc/permissions.local が参照されるためには、/etc/sysconfig/security の PERMISSION_SECURITY の設定値に "local" が含まれていることが必要である。
(詳細は、/etc/permissions のコメントを参照。)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0