So-net無料ブログ作成

Emacs 23.3.1のdiff-modeでのキーバインドの変更 [openSUSE]

Emacs において、M-g を goto-line にキーバインドしている。
(define-key esc-map "g" 'goto-line)

しかし、Emacs 23.3.1 の diff-mode では、M-g が revert-buffer にキーバインドされており、上記の設定が機能しない。(*.diff ファイルを読み込むと、diff モードとなる。)
これまでと同様に使用したいため、~/.emacs に下記の設定を追加した。
;; change key binding of diff mode
(when (not (string< emacs-version "23.3.1"))
  (add-hook 'diff-mode-hook
            '(lambda ()
               (define-key diff-mode-map "\eg" nil)
               (define-key diff-mode-map "\eG" 'revert-buffer))
            t))


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。