So-net無料ブログ作成

Emacs 24のyankの仕様 [Linux]

openSUSE 12.2 上の Emacs 24 において、yank の挙動が想定したものと異なり戸惑っていた。
下記のような具合である。

(1) ターミナルエミュレータや Firefox 上で、マウスによりテキストを選択する。

(2) Emacs 上で yank (C-y) を実行しても、上記のテキストをコピーできない。
  (マウスの中ボタンの押下によるコピーは可能である。)

Emacs 24 で仕様が変更されたためである。また、設定の変更により、以前の仕様に戻すことも可能である。
( cf. http://blog.livedoor.jp/ooboofo3/archives/53628132.html )
( cf. http://www.gnu.org/software/emacs/NEWS.24.1 )

1. Emacs 23 の仕様に戻すための設定
;; change default handling of clipboard and primary selections
;; - to return to the previous behavior
(when (>= emacs-major-version 24)
  (setq select-active-regions nil)
  (setq mouse-drag-copy-region t)
  (setq x-select-enable-primary t)
  (setq x-select-enable-clipboard nil))

2. Emacs 22 の仕様に戻すための設定


Emacs 23.1 において、select-active-regions のデフォルト値が変更(t から nil へ変更)されている。
(Emacs 23 の (describe-variable (quote select-active-regions)) の実行結果を参照。)
よって、上記 1 の設定に下記の設定を反映する。

(setq select-active-regions t)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0