So-net無料ブログ作成

シングルユーザーモードからの復帰後の不具合 [Debian]

1. 発生事象


Debian GNU/Linux 6.0 において、システムバックアップの実施のためシングルユーザーモードに移行し、システムバックアップの実施後マルチユーザーモードに復帰したところ、下記の不具合が発生する。
なお、シングルユーザーモードへの移行は 'shutdown now'、マルチユーザーモードへの復帰はシングルユーザーモードでの 'exit' の実行により行う。

(1) USB フラッシュメモリのマウントができない。


・デバイスが認識されず、USB フラッシュメモリのマウントができない。
・リブートすると正常な状態に戻る。


(補足)
CentOS 6.3 では発生しない。


2. 原因


udevd が停止しているためである。
'shutdown now' を実行すると、ランレベルは 2 -> 1 -> S と遷移する。
ランレベルの 2 -> 1 への移行時に udevd が停止される。
また、ランレベルの S -> 2 への移行時には、udevd は起動されない。

(補足)
シングルユーザー・モードへの移行前、シングルユーザー・モードからの復帰後でのプロセス一覧の比較結果は、下記の通りである。

# diff after-ps.log before-ps.log
8a9,10
> /sbin/portmap
> /sbin/rpc.statd
28a31
> /usr/sbin/rpc.idmapd
50a54,63
> [flush-7:0]
> [flush-7:1]
> [flush-7:2]
> [flush-7:3]
> [flush-7:4]
> [flush-7:5]
> [flush-7:6]
> [flush-7:7]
> [flush-8:0]
> [flush-8:16]
118a132,134
> udevd
> udevd
> udevd

3. 対処方法


(1) リブートによりマルチユーザーモードに復帰する。


シングルユーザーモードで、'reboot' を実行することによりマルチユーザーモードに復帰する。

udevd の起動や SysVinit スクリプトの設定変更での対応も可能と思われるが、上記の手順の方が簡単で確実である。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0