So-net無料ブログ作成

タスクスケジューラの起動時のエラー(Windows 7) [Windows]

1. 発生事象


Windows 7 のタスクスケジューラの起動時に、下記のエラーが発生する。

# 日本語版でのエラー・メッセージ
選択されたタスク "{0}" が存在しません。
現在のタスクを表示するには、[最新の情報に更新] をクリックしてください。

# 英語版でのエラー・メッセージ
The selected task "{0}" no longer exists.
To see the current tasks, click refresh.

(補足)
・[最新の情報に更新] でも同様のメッセージが表示される。
・タスクスケジューラは機能している(正常なタスクは実行されている。)
・同様の事象が発生するとの情報は多数あるが、決定的な解決策は不明のようである。


2. 対処方法


インターネット上で得られた情報をつなぎ合わせ、下記の対応を行った。

(1) 問題のあるタスクの特定


・タスクスケジューラを起動する。
・起動時のエラーメッセージは無視する。
・左側の一覧からタスクを順次選択し、上記のエラーが発生するタスクを特定する。

=> SystemRestore\SR が該当した。


(2) SystemRestore\SR タスクの削除


(a) システムの保護を無効化する。


・[コンピュータ] の右クリップ -> [プロパティ] -> [システムの保護]
・すべてのドライブについて、システムの保護を無効化する。


(b) ファイルの削除


下記ファイルを削除、または別のフォルダに移動する。

C:\Windows\System32\Tasks\Microsoft\Windows\SystemRestore\SR


(c) レジストリの編集


HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\Current Version\
Scheduler\TaskCache\ 内の下記データを削除する。

・Tasks\{xxx}

 xxx: SystemRestore\SR が設定されているもの。
 (または、Tree\Microsoft\Windows\SystemRestore\SR の設定値から特定。)

・Tree\Microsoft\Windows\SystemRestore\SR


(3) システムの再起動

(4) SystemRestore\SR タスクの作成


システムの保護を有効化する。

・[コンピュータ] の右クリップ -> [プロパティ] -> [システムの保護]
・システムの保護を有効化する。
 (SystemRestore\SR タスクが作成される。)


3. 追記


(1) 原因


タスクの設定情報について、レジストリとファイルに不一致がある場合に、上記のエラーが発生するとのこと。
不一致が発生する原因としては、下記のようなものが考えられる。

(a) タスクスケジューラのバグ


デフラグ、復元ポイントの作成については、タスクスケジューラ以外からも有効/無効の変更ができるが、これにタスクスケジューラが正しく対応できていないとの情報がある。


(b) レジストリ・データの削除


CCleaner 等により、必要なレジストリ・データが削除された可能性がある。
(可能性としてはかなり低い。)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0