So-net無料ブログ作成

xawtvの音声が正常に出力されない(wheezy) [Debian]

1. 発生事象


xawtv (xawtv 3.102-3 on Debian GNU/Linux 7) の音声が正常に出力されない。
詳細は、下記の通りである。

(1) エコーがかかったような音声になる。


主音量が 50% 位の時に発生する。


(2) a キーを押下(ミュート) しても、音声が完全には消えない。 … (注1)

(3) 主音量で音量を調整できてしまう。 … (注1)

(注1) ~/.xawtv の [global] での設定

mixer = line

2. 対処方法


下記の手順を実施する。

(1) ~/.asoudrc (または、/etc/asound.conf) の変更


PulseAudio 用の設定に変更する。

pcm.pulse {
    type pulse
}
ctl.pulse {
    type pulse
}
pcm.!default {
    type pulse
}
ctl.!default {
    type pulse
}


変更前は、ALSA dmix を使用する設定となっていた。

pcm.dsp0 {
    type plug
    slave.pcm "dmix"
}
ctl.mixer0 {
    type hw
    card 0
}
pcm.!default {
    type plug
    slave.pcm "dmix"
}


(2) GNOME 3 上での設定


・パネル上のメニューから、[システム設定] -> [サウンド] を選択
・[アプリケーション] タブを選択
・[ALSA plug-in [xawtv]] をオフに設定


(3) alsamixer の起動時のエラー対応


上記の ~/.asoundrc の変更により、alsamixer の起動時にエラーが発生する。

【エラーの内容】
ALSA lib pulse.c:243:(pulse_connect) PulseAudio: Unable to connect: \
Connection refused

cannot open mixer: Connection refused

【対処方法】
カード番号を指定する(-c オプションの使用)。

(例) % alsamixer -c 0

3. 備考


(1) CentOS 6.5 (xawtv-3.100-1.el6.i686) では発生しない。


CentOS 6.5 で同様な環境を構築しているが、上記の問題は発生しない。


(2) xawtv 以外は特に問題なく使用できる。

(3) saa7134 モジュールを使用している。


4. 追記


xawtv の -noalsa オプションの使用でも対応可能である。
使用方法は、下記の通りである。


(1) X のリソースを使用する場合


~/.Xresorces に下記の設定を追加する。

xawtv.alsa: false


(2) コマンドラインでのオプション指定の場合

xawtv -noalsa …


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0