So-net無料ブログ作成

Firefox 29.0の日本語入力時の問題点への対応 [Linux]

Firefox 29.0 へのバージョンアップ後、SCIM + Anthy での日本入力において、特定のキーボード入力が認識されないという事象が発生するようになってしまった。
以下は、原因と対処方法についてまとめたものである。

なお、下記の環境を対象とする。
・Firefox: mozilla.org からダウンロードした Firefox 29.0/29.0.1
・OS: CentOS 6.5、Debian GNU/Linux 7.0

1. 発生事象


日本語入力開始後の Alt キーの押下により、日本語入力の開始/終了が機能しない状態となる。
詳細は、下記の通りである。

(a) 日本語入力開始後の Alt キーの押下により、日本語入力が無効化される。
  (Alt キーの押下により、SCIM のアイコンが消える。)

(b) 上記 (a) では、Alt キーが押下された状態での入力待ちとなっている。
  (v を押下すると Alt + v として認識される。)

(c) 上記 (a) の状態では、日本語入力の開始/終了が機能しない。

(d) 上記 (a) の状態では、Alt または ESC キーの押下で元の状態に戻る。
  (当該キーの押下により、SCIM のアイコンが再度表示される。) 


2. 原因


Alt キーへのキーバインドが追加されたためと思われる。


Firefox 29.0 では、メニューバーが非表示の状態において、Alt キーの押下で一時的にメニューバーを表示できる。
また、Firefox 28.0 では、機能しない(ただし、Alt + v での対応は可能である)。


3. 対処方法


下記の手順を実施する。

(1) メニューバーを非表示にする。


・メニューから [表示] -> [ツールバー] を選択する。
・[メニューバー] を選択しない。


(2) メニューバーを一時的に表示する。


Alt キーを押下する。


(3) メニューバーを表示する。


・メニューから [表示] -> [ツールバー] を選択する。
・[メニューバー] を選択する。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0