So-net無料ブログ作成

Pacemaker + Corosync + DRBD でのクラスタ環境の構築 [CentOS]

[ソフトウェアのバージョン]
・pacemaker-1.1.12-8.el6_7.2.i686
・corosync-1.4.7-2.el6.i686
・kmod-drbd84-8.4.7-1_1.el6.elrepo.i686
・drbd84-utils-8.9.5-1.el6.elrepo.i686
・OS: CentOS 6.7

1. 要件


Pacemaker + Corosync のクラスタリング環境に DRBD リソースを追加する。


2. DRBD の導入


(1) パッケージのインストール


下記のパッケージをインストールする。

・kmod-drbd84-8.4.7-1_1.el6.elrepo.i686
・drbd84-utils-8.9.5-1.el6.elrepo.i686


(2) DRBD の設定


/etc/drbd.d/{global_common.conf,r0.res} を下記のように変更する。
(詳細は備考を参照)

(a) 対象のノード


・vm2.private.net(192.168.0.22)
・vm3.private.net(192.168.0.23)


(b) ディスクのデバイス・パス


/dev/sdc1


(c) DRBD デバイス


/dev/drbd0


(d) タイムアウト値

wfc-timeout 30

3. DRBD の自動機能の停止
# chkconfig drbd off
# chkconfig --list drbd

4. リソースの定義


(1) DRBD

# pcs resource create drbd ocf:linbit:drbd \
drbd_resource=r0 \
op monitor interval=20s

## Master/Slave 型のリソースとしての定義
# pcs resource master ms-drbd drbd \
master-max=1 master-node-max=1 clone-max=2 clone-node-max=1 notify=true


(2) ファイルシステム

# pcs resource create fs-drbd ocf:heartbeat:Filesystem \
device=/dev/drbd0 directory=/share-drbd fstype=ext3 \
op monitor interval=20s


(3) 既存リソースとの制約条件の設定

# pcs resource group add group-1 fs-drbd --before fs-nfs
# pcs constraint colocation add master ms-drbd with group-1 INFINITY
# pcs constraint order promote ms-drbd then start group-1

(補足)
# pcs resource group list
group-1: fs-drbd fs-nfs nfs-server vip-check vip


(4) その他


エラーが発生する場合には、当該リソースの故障履歴をクリアする。

(例)
# pcs resource cleanup drbd
# pcs resource cleanup fs-drbd
# pcs resource cleanup ...

5. 備考


(1) DRBD の構築手順


cf. http://dan-project.blog.so-net.ne.jp/2016-05-10



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。