So-net無料ブログ作成

AVG AntiVirus Freeのアイコンに×印が表示される [Windows]

# AVG AntiVirus Free のバージョン
・ソフトウェア: 18.5.3059
・ウイルス定義: 180817-4

1. 発生事象


タスクトレイのアイコンに×印が表示されるようになった。

(1) アイコンをポイントすると、下記のようなポップアップが表示される。


[ウイルス対策無料 保護されていません]


(2) GUI 画面では、下記のようなメッセージが表示される。


[保護されていません コンピュータ保護がオフになっています!]


(3) GUI 画面の [メニュー] -> [設定] -> [更新] でプログラムの更新が選択できない。


当該項目がグレーアウトされている。


(4) GUI 画面において、[今すぐ解決] をクリックしても状況は変わらない。

(補足)
現状でもウイルスチェックは実施されているようである。
・cf. http://jp-bot-kids.com/archives/843
しかし、他の問題の発生との区別が付かないため、下記の対応を行った。


2. 対処方法


AVG を再インストールする。

(1) AVG をアンインストールする。


コントロールパネルから AVG のアンインストールを実施する。


(2) 念のため、下記の手順を実施する。


(a) 不要なレジストリ・データを削除する。


AVG、Zen を検索し、当該データを削除する。


(b) OS を再起動する。


(3) AVG をインストールする。


古いインストーラーを使用しても、最新版がインストールされる。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

CentOS 6のClamAVのウィルス・チェックでエラーが発生する件の対処方法 [CentOS]

CentOS 6 のClamAVのウィルス・チェックでエラーが発生する件が解決した。
詳細は、以下の通りである。

1. 発生事象


https://dan-project.blog.so-net.ne.jp/2018-07-18


2. 対処方法


EPEL の testing パッケージに更新する。

・clamav-0.100.1-2.el6.i686.rpm
・clamav-db-0.100.1-2.el6.i686.rpm

(補足)
・cf. http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/testing/6/i386/Packages/c/
・しばらくすると、EPEL のパッケージになると思われる。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット