So-net無料ブログ作成

ハードディスクへのアクセス障害発生後、特定のブートができなくなった [CentOS]

CentOS 6 において、ハードディスクへのアクセス障害の発生後、特定のブートができなくなった。
以下は、備忘録として、発生事象と対処方法をまとめたものである。

1. 発生事象


マルチブート環境において、下記のブートができなくなった。

・Linux の GRUB Legacy からの Windows 7 のブート
 Error 13: Invalid or unsupported excutable format と出力される。

・GRUB Legacy でのチェイン・ブート
 再度 1 段目の GRUB メニューが表示され、ブートできない。

(補足)
・チェイン・ブートしない場合にはブートできる。
・2 個目のディスクを無効化(SATA ケーブルを抜線)すると、Windows 7 は起動できる。
 Windows 7 は 1 個目のディスクにインストールされている。
・grub-install を再実行しても改善されない。


2. 原因


BIOS の設定において、Disk1 と Disk2 が逆順に設定された状態になっていた。
(/dev/sd[ab] とディスクの関係が逆に設定されていた。)

なお、なぜこのような状況になったのかは不明である。


3. 対処方法


BIOS の設定画面において、Disk1 と Disk2 の順序を修正する。
・/dev/sda と /dev/sdb に接続されるディスクの設定を正しい値に修正する。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット