So-net無料ブログ作成

CentOS 7.6へのアップデート後の不具合 [CentOS]

CentOS 7.5 から 7.6 へのアップデート後、以下の不具合が発生する。

[ソフトウェアのバージョン]
・xorg-x11-server-Xorg-1.20.1-5.1.el7.x86_64
・xorg-x11-server-utils-7.7-20.el7.x86_64
・xorg-x11-utils-7.5-23.el7.x86_64
・xorg-x11-xkb-utils-7.7-14.el7.x86_64
・emacs-24.3-22.el7.x86_64
・xterm-295-3.el7.x86_64

1. 発生事象


ウィンドウ間のコピー・ペーストができないことがある。

・コピー・ペーストでウィンドウのフォーカスを移動できない。
 (マウスの移動に追随してフォーカスが移動するように設定している。)
・X の初回起動時に発生することが多い。
・X の初回起動時に発生しない場合には、以後も発生しない。
・MATE 1.16、FVWM 2.6 で発生することを確認
・CentOS 7.5 では発生しない。

再現方法は、下記の通りである。

(1) Emacs、Xterm を起動する。

(2) Emacs (または Xterm) 上で適当なコマンド実行し、実行結果の一部を選択する。


(例)
・'ls -l' を実行
・実行結果のいずれかの行で、月の値をマウスで選択する。


(3) 他方のウィンドウにマウスカーソルを移動する。


ここで、ウィンドウのフォーカスを移動できない。


2. 対処方法


下記の手順により X を再起動すると改善される。

・フォーカスされているウィンドウを終了する。
 (exit の実行、ウィンドウのクローズ、等)
・X を終了する。
・X の終了後、再度 X を起動する。

(補足)
・最初に X を再起動することで、問題事象の発生を抑止できるかも知れない。
・現時点では、原因は不明である。
・X 関連のパッケージのバグの可能性が高い。



nice!(0)  コメント(0) 

CentOS 7.6へのアップデート [CentOS]

CentOS 7.5 から 7.6 へのアップデートを行った。
基本的な手順はこれまでと同じであるが、MATE 関連で想定外の事象が発生した。
以下は、備忘録として発生事象と対処方法をまとめたものである。

1. EPEL にある MATE 関連のパッケージとの依存関係の解決


(1) 発生事象


MATE 関連のパッケージとの依存関係を解決しない場合、下記のエラーが発生する。

---> Package libgtop2.x86_64 0:2.34.2-2.el7 will be updated
--> Processing Dependency: libgtop-2.0.so.10()(64bit) for package: \
mate-applets-1.16.0-1.el7.x86_64
--> Processing Dependency: libgtop-2.0.so.10()(64bit) for package: \
marco-1.16.1-3.el7.x86_64
--> Finished Dependency Resolution
Error: Package: marco-1.16.1-3.el7.x86_64 (@epel)
           Requires: libgtop-2.0.so.10()(64bit)
           Removing: libgtop2-2.34.2-2.el7.x86_64 (@base)
               libgtop-2.0.so.10()(64bit)
           Updated By: libgtop2-2.38.0-3.el7.x86_64 (base)
              ~libgtop-2.0.so.11()(64bit)
Error: Package: mate-applets-1.16.0-1.el7.x86_64 (@epel)
           Requires: libgtop-2.0.so.10()(64bit)
           Removing: libgtop2-2.34.2-2.el7.x86_64 (@base)
               libgtop-2.0.so.10()(64bit)
           Updated By: libgtop2-2.38.0-3.el7.x86_64 (base)
              ~libgtop-2.0.so.11()(64bit)
 You could try using --skip-broken to work around the problem


(2) 対処方法


まず、下記の手順により、更新可能な EPEL パッケージの情報を取得する。

# env LANG=C yum --disablerepo=* --enablerepo=epel list updates \
> /tmp/updated-pkg-epel.log


次に、下記のパッケージを更新の対象に追加する。

・marco.x86_64
・mate-applets.x86_64


2. MATE のパネルのフォントが滲むことへの対応


(1) 発生事象


CentOS 7.6 への更新後、MATE のパネルのフォントが滲むようになった。


(2) 対処方法


設定ファイルでの当該フォントの識別子が変更されたようである。
このため、設定内容(指定したフォント)が引き継がれない。

よって、下記の手順により、再度フォントの設定を行う。

・[システム] -> [設定] -> [外観の設定] を選択
・[フォント] タグを選択
・フォントの指定

再設定前後での設定内容は、それぞれ下記の通りである。

(再設定前)
アプリケーション: さざなみゴシック Gothic-Regular 10
ドキュメント: さざなみゴシック Gothic-Regular 9
デスクトップ: さざなみゴシック Gothic-Regular 10
ウィンドウのタイトル: さざなみゴシック Gothic-Regular 9
固定幅のフォント: Monospace 9

(再設定後)
アプリケーション: Sazanami Gothic 10
ドキュメント: Sazanami Gothic 9
デスクトップ: Sazanami Gothic 10
ウィンドウのタイトル: Sazanami Gothic 9
固定幅のフォント: Monospace 9

3. 備考


CentOS 7.6 へのアップデートにより、下記のパッケージが追加/削除される。

(追加されるパッケージ) - 14 個のパッケージ
boost-random.x86_64
daxctl-libs.x86_64
libblockdev-nvdimm.x86_64
libglvnd.x86_64
libglvnd-egl.x86_64
libglvnd-gles.x86_64
libglvnd-glx.x86_64
libsmartcols.x86_64
libwayland-egl.x86_64
mozjs52.x86_64
ndctl.x86_64
ndctl-libs.x86_64
python2-blockdev.x86_64
python2-subprocess32.x86_64

(削除されるパッケージ) - 1 個のパッケージ
mesa-libwayland-egl.x86_64


nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。