So-net無料ブログ作成
2019年01月03日| 2019年01月19日 |- ブログトップ

CentOS 7.6へのアップデート後の不具合 [CentOS]

CentOS 7.5 から 7.6 へのアップデート後、以下の不具合が発生する。

[ソフトウェアのバージョン]
・xorg-x11-server-Xorg-1.20.1-5.1.el7.x86_64
・xorg-x11-server-utils-7.7-20.el7.x86_64
・xorg-x11-utils-7.5-23.el7.x86_64
・xorg-x11-xkb-utils-7.7-14.el7.x86_64
・emacs-24.3-22.el7.x86_64
・xterm-295-3.el7.x86_64

1. 発生事象


ウィンドウ間のコピー・ペーストができないことがある。

・コピー・ペーストでウィンドウのフォーカスを移動できない。
 (マウスの移動に追随してフォーカスが移動するように設定している。)
・X の初回起動時に発生することが多い。
・X の初回起動時に発生しない場合には、以後も発生しない。
・MATE 1.16、FVWM 2.6 で発生することを確認
・CentOS 7.5 では発生しない。

再現方法は、下記の通りである。

(1) Emacs、Xterm を起動する。

(2) Emacs (または Xterm) 上で適当なコマンド実行し、実行結果の一部を選択する。


(例)
・'ls -l' を実行
・実行結果のいずれかの行で、月の値をマウスで選択する。


(3) 他方のウィンドウにマウスカーソルを移動する。


ここで、ウィンドウのフォーカスを移動できない。


2. 対処方法


下記の手順により X を再起動すると改善される。

・フォーカスされているウィンドウを終了する。
 (exit の実行、ウィンドウのクローズ、等)
・X を終了する。
・X の終了後、再度 X を起動する。

(補足)
・最初に X を再起動することで、問題事象の発生を抑止できるかも知れない。
・現時点では、原因は不明である。
・X 関連のパッケージのバグの可能性が高い。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
2019年01月03日| 2019年01月19日 |- ブログトップ